HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

西洋料理も路上で――ベトナム庶民に浸透する味


 ホーチミン市1区Vo Van Kiet通りのアメリカン・バーベキュー・レストラン「Ut Ut」の前庭には、18時には入店待ちの列ができていた。その横では、ベトナム人に外国人が、小さな木製のテーブルと椅子で、歩道で楽しげに舌鼓を打つ。

■客の8割ベトナム人

 メニューは、ハンバーガーやベーコンなど、アメリカの伝統料理を中心にベトナム料理も交え、A4版の片面に収まるだけで、価格は3万~30万ドン(約1.5~15ドル)と、大通りに面した3階建ての店構えからすれば、かなり庶民的だ。

 しかしこれこそが、西洋料理を売る店ながら、客の80%はベトナム人で、特にオフィスワーカーや学生に受けているという理由なのかもしれない。予約は受け付けないため、いつも20~30人の待ちが出る。

 アウトドア風のテーブル、椅子に、店の前で焼かれる豚肉は、まるでアメリカ。

 共同オーナーのひとりフランス人シェフAlbin Deforgesさんは、「ベトナム人のお客様を主なターゲットにしており、できるだけベトナムの庶民的な飲み屋のような雰囲気にしたかったんです」と言う。豚肉をメインにしたのも、ベトナム人にとても好まれ、抵抗がないものだったからだ。

 同僚と順番待ちをしていた会社員Nguyen Cong Nhat(40歳)は、「サイゴンで、本当のことを言えば、こうやって待つのはやっぱりちょっと慣れませんね。飲食店なんていくらでもありますし、満席なら別の店に行けばよいだけですから。ただここでは、並ぶことがひとつの楽しみになっています。いつも賑わっていて、ビールやワイン片手に待つので、待たされたと感じることもありません。値段も受け入れられるものです。こうやって会社の同僚と来ても、他の居酒屋やビアホールと比べても、ぜんぜん高くないんですよ」と話してくれた。

■2万5,000ドンのホットドッグ

 西洋料理は、ベトナム人の朝食にも入り込んでいる。

 4区Hoang Dieu通りでは朝6時、スクーターでソーセージやパンを売るドイツ人Dieter Engeleさん(54歳)の姿がお馴染みだ。四つ角で商うその姿は、近くでパンやおこわを売るベトナム人たちと変わらない。ソーセージはバイクに設置された小型グリルの上に、メニュー表はベトナム語で写真付だ。

 子供を4区Van Don中学校にやるLan Phuongさんは、「ここのホットドッグは2万5,000ドン。ソーセージはパリパリで、子供たちは大好きです。売っている外国人のおじさんは寡黙な人で、何だか買って応援してあげたくなるんです」と言う。

 彼はここで毎日6~20時に販売し、ドイツのソーセージを挟んだホットドッグを1日70~100個売る。そんな彼の悩みもまた、歩道で商うベトナム人と変わらない。「雨が降るとイヤだねぇ。売れないから。そんな日は、ソーセージをおかずにご飯を食べているよ」。

 たどたどしい英語とベトナムで話してくれたところによると、彼はベルリンで花を売って生活していた。2003年に初めてべトナムを訪れ気に入り、2013年に再訪、恋人ができたこともありここで暮らそうと考え、生計の手段を考えた。

 恋人は、メニューを書き、ドイツのソーセージをベトナムのパンに挟むことなどをアドバイスしてくれた。「こうやって移動式で売るのがとても好きで、この先ずっとベトナムで生活できればと思っていますよ」と言う彼が販売するソーセージはベトナムで仕入れたものだが、ソースやピクルスはドイツ風のお手製、いくつかのパンや小さなハンバーガーも、彼が家で手作りしている。

(Tuoi Tre)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2014/10/27 03:28更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > 西洋料理も路上で――ベトナム庶民に浸透する味 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.