HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

ホーチミン市の懐かし「フローティングホテル」、今は北朝鮮に


 ベトナムを離れて約20年の時を経て、かつてその名を馳せたホーチミン市のフローティングホテルが、北朝鮮に存在していることがわかった。

■世界初のフローティングホテル

 北朝鮮ニュース専門のNKNewsは、衛星写真や位置データに基づき、北朝鮮の長箭港に存在する浮遊構造物が、1990年代にベトナムに存在していた「サイゴンフローティングホテル」だと伝えている。

 この世界初のフローティングホテルは長さ89m、シンガポールで建造され1988年に完成したもので、ホーチミン市に来る前には「The John Brewer Reef Floating Hotel」という名で、オーストラリアで活動していた。ただ経営は芳しくなかった。

 1989年に日本のEIC Development Companyが購入しホーチミン市に持ち込み、Australia’s Southern Hotelsの管理運営により活動していた。ホテルは、1区中心部Ton Duc Thang通り横のSai Gon川に係留されていた。

 5つ星で201室、レストランにジム、プール、テニスコート、バーなどを備え、かつては市の観光のシンボル的存在であり、市民のオシャレスポットでもあった。

 しかしながら1997年までに、Continental、Majestic、Rex、New Worldといった市中心部の高級ホテルが多数改修または新規建設され競争に加わると、このフローティングホテルに影響が出始めた。さらに、市中心部の玄関口に置かれていたことについて反対意見も多かった。そのため、経営が下り坂になり2年経ったところでオーナーは1,800万ドルで韓国Hyundaiグループに売却した。

 そして1997年4月1日9時30分、サイゴンフローティングホテルはホーチミン市からシンガポールへと旅立つ。

■北朝鮮で2008年まで営業

 NKNewsによると、Hyundaiグループの子会社Hyundai Asanは、これをシンガポールに持ち込み修理を行い、「Hotel Haekumgang」と名付けた。その後北朝鮮に持ち込み、金剛山観光地区近くの長箭港に係留した。

 2000年にHyundaiグループは、北朝鮮で韓国人向けの金剛山観光地区プロジェクトを含む、複数の大きな事業に投資した。しかし2008年に韓国人女性観光客が北朝鮮の国境警備兵に金剛山観光地区近くで銃撃され死亡してから、両国の関係は緊張、フローティングホテルも閉鎖された。

 NKNewsによると、この6年ホテルは営業してはいないが、今も港に係留されたままで、外部は塗装も多数はげているが、施設はその原型を保っている。なおHyundai Asanは、このフローティングホテルを別の場所に移す計画はなく、金剛山観光が再開され、ホテルがまた営業できる機会を待っている。

■外国人に人気の超高級ホテル

 かつてのサイゴンフローティングホテルで最初に採用されたスタッフの一人Linhさんは今は旅行会社のオーナーである。

 彼女によるとここには「Q Bar」と「Downunder Disco」という2つの有名バーがあり、外国人のナイトスポットになっていた。

 他のホテルが改修に投資されず、サービスが悪かったなかでのこのホテルは、市民にも、外国人観光客にも全く新しいイメージを作り出すものになった。大きな会議はほとんどここで開催され、客室は外国人で常に満室だった。
「1泊335ドルになるような時もありましたが、それでも空きはなく、レストラン、バーは毎晩賑わっていました」とLinhさんは懐かしむ。

 市財務局の資料によると、1989年7月~1996年8月30日の7年間の事業活動で、このフローティングホテルは当時としては非常に大きな1,000万ドルを納税していた。

【当時の写真など】
http://doisong.vnexpress.net/photo/nhip-song/so-phan-khach-san-noi-5-sao-bieu-tuong-sai-gon-mot-thoi-3084615.html

【日本人の体験談】
http://gokurakuhotel.lolipop.jp/gokurakuhotel1/1993%20ho%20chi%20minh.htm

(VnExpress)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2014/09/27 02:19更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > ホーチミン市の懐かし「フローティングホテル」、今は北朝鮮に 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.