HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

9Xアナログ“手帳娘”の100万ドルビジネス


 ハノイ市に住む1990年生まれの女性Nguyen Minh Hienさん。大学入試に失敗した彼女は今、ファッションショップ3店舗、寿司レストラン1店舗を経営し、年間売上は200億ドン(約100万ドル)に達する。

 小柄で愛らしく、45人の従業員を管理する経営者にはとても見えない彼女は、骨ばった手を差し出して、「ひどいでしょう? 食事を運んだり、料理を作ったり、商品を包んだり、いろんなことをするから」と笑う。

■はじまりはネットショップ

 商売が好きで、高校の3年間もずっと、叔父の経営する店で、化粧品を売っていた。大学入試に失敗し、受験勉強はあきらめ、商売への憧れをカタチにすることにした。

 最初はインターネット上で化粧品販売をしていたのだが、あるとき高価な靴を買い、履いて歩くのがなんだかもったいなくて、ネット上で売り出したところ、思いがけず10万ドン(約5ドル)の儲けが出た。それで面白くなった彼女は、履物販売に力を入れるようになった。

 2009年当時は、ベトナムでインターネットを使った商売が発展し始めたところで、様々な売買サイトが、無料掲載を受け付けていた。彼女も多くのサイト、ブログにせっせと販売情報を載せ、客へのアドバイスや回答も丁寧にした。そんな彼女のもとに、客は集まるようになった。

 商品の仕入から、顧客ケア、そして納品まで1人でこなしていたが、やはり商品を陳列する店が必要だと考えるようになった。そこで、店員の仕事はするし給料もいらないから、店の片隅で履物を販売させてもらえないかと、叔父に頼み込んだ。

 あるとき彼女は、ネット上で30足の注文を受ける。大量の注文は初めてで、何とか資金をかき集め、商品を仕入れた。しかし納品の場所に行ってみると、自分が騙されたことに気づいた。仕方なく商品を値下げし、積極的に売買サイトに載せて、より丁寧な顧客ケアを心がけた。「30足が1週間で売れましたよ。ひいきにしてくれるお客さんも増えました」。

 これをきっかけに、彼女の商売は伸びる。手元に1億ドン(約5,000ドル)の蓄えができたところで、男性向けファッションショップ「Si.o Shop」を開き、その後隣に顧客ニーズに応えたファッションショップを2店開いた。

■6階建てのレストラン

 彼女が寿司レストランを開いたのは、一度食べに行った店が、それはひどいものだったからだ。「自分ならもっと上手くできる」そう考え、80m2のレストランを開いた。店の設計から装飾、メニュー作成、食材の仕入まで、1人でやった。

 間もなく、客は増え始めた。「『どんな店主がやってるんだ?』って、顔を見せるよう言われることも多くて。レストランの装飾などを見て、日本人じゃないのかと思ったらしくて」彼女は笑う。

 秘訣は、まずは料理が美味しく、値段は手頃、様々な対象にあっていて、サービスがプロであること。冷たいお茶とデザートは無料、ほかに、ファッションショップで50万ドン(約25ドル)以上購入してくれた人には、レストランで使える5万ドン(約2.5ドル)の割引券を渡した。

 この10月には、100m2×6階建ての2号店を開く。この店でも、設計の発注から食器、調理器具の購入まで全て自分でやった。こう忙しくては、休む時間もないでしょう? そう聞くと「そうでもないですよ。仕事は集中してやって、後は、スタッフとも息抜きによく出かけたりしますから」とニッコリ。

 ファッションショップを複数持ち、それなりの規模のレストランを経営しながら、彼女のマネジメント方法は、他人にはやや信じがたいものだ。

 それは、パソコンを使うことはまれで、マネジメントソフトなどは一切使っていないということだ。すべて手で記入し、電卓をはじき、頭に記憶する。従業員にタイムカードは使わせているが、月末の給料計算には手帳を引っ張り出す。ただ今は規模が拡大したため、管理のためにソフトウェアが必要になっている。けれどもこの仕事は従業員に任せ、やはり自分は手帳を使う。

 このような手作業の経営だが、支出は全て把握している。ファッションショップ3店で年間100億ドン(約50万ドル)、寿司レストランでは毎月7億ドン(約3万5,000ドル)の売上がある。1年間の売上は200億ドン近くになるそうだ。

(Tien Phong)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2013/09/28 03:56更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > 9Xアナログ“手帳娘”の100万ドルビジネス 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.