HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

ベトナムの朝は……「やっぱり眠い」


 9月17日朝6時25分、まだ肌寒いその時間に、ホーチミン市Tan Phu区のTan Thoi小学校の保護者たちは、子供たちを学校に送る。バイクを停めると、親たちは持ってきたパンやお粥、牛乳を取り出し、子供たちに食べさせる。
バッグから肉まんを取り出し、「食べなさい、遅れるから。明日早く起きたら、バイン・カン(タピオカ麺)にしてあげるから」Huynhさんが言う。しかし彼女の息子、小学3年生のSon君は、「いらない。お腹すいてないもん」と首を横に振る。

 7時、ベルが鳴ると、生徒たちはいそいそと教室へ。保護者たちは、残った食べ物を包みなおすや、子供が校門の向こうに消えたのを見て、職場へと急ぐ。

 これは、どこの学校でも、毎日見られる光景だ。毎朝、保護者と生徒たちはみな、学校に職場にと忙しい。

 Tan Thoi小学校に通う1年生の子供がいるThuyさんは、「家からはバイクで5~10分ですが、いつも5時15分には起きて、小学校と幼稚園に行く子供たちの準備をします。6時には2人を起こして、仕度させます」と言う。遠い学校に行く生徒には、朝5時起きの子供たちもいる。Thu Duc区に住むThuy Tienさんは昨年、寝ている子供を起こすのがはばかられ、しかしそれが原因で子供は、先生から2度も「悪いお手本」にされた。

■先生も朝食抜き?

 4区Nguyen Van Troi小学校のPham Thuy Ha校長は、「小学校の始業時間は、やっぱり早いと思います。食べるのが遅い子供は、朝食を抜く子が多いので、我が校では10分遅らせ7時10分登校、7時25分始業としています。午前は10時30分で終わり、昼食をとって11時20分には昼寝。13時30分に起きて、14時から午後の授業を始め、16時30分までです」。

 始業を8時にずらせないのか――この問いに、学校や保護者からは、「難しい」「できない」との答えが多い。7時30分に始まる仕事と合わないからである。保護者が、送り迎えすることができなくなるのだ。カリキュラムをこなしきれない問題もある。

 ハノイ市では以前、始業時間を変更したことがあったが、上手くいかなかった。Thuy Ha校長は、「例えば8時に遅らせれば、午前の授業が終わるのは11時5分。子供たちには遅すぎるんです。昼寝する時間がなくなるか、午後の授業時間が足りなくなります」と言う。

 ただ、自分の子供や生徒たちが、もう少しゆっくり眠れるようにしたいか――との問いには、保護者や校長の誰も反対しない。

 1区Nguyen Binh Khiem小学校のLe Thi Ngoc Diep校長など多くの校長がみな、生徒たちが慌てて朝食をとり、通学途中で“食べ”、“2度寝”する状況を認める。授業中に居眠りする生徒も多い。

 そのため、朝8時始業とするのが、非常に理想的なはずなのである。そうすれば子供たちはあと30分眠れるし、よく眠ることは、知能と体の発達を助ける。早起きをする子供には体操をしたり、ゆっくり朝食をとる時間ができる。学校に早く来れば、授業前の“始動”の時間もできる。

 Diep氏は、「いまの始業時間は、生徒ばかりじゃなく、先生たちも、朝食をとる時間がないんですけどね。だから、午前の2時間が終わった休み時間に先生たちは、朝ごはんをかきこんでますよ。私も」と話している。

(Phu Nu)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2013/09/21 01:25更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > ベトナムの朝は……「やっぱり眠い」 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.