HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

貧乏人の住む100万ドルの大邸宅


 降りしきる雨を、Khanhさんは悲しげに見つめていた。ハノイ市Ha Dong区Van Quan都市区の小さな茶店、今日は誰の姿も、無かった。将棋を指しにくる年配たちも。

 Khanhさんの茶店。それは建設途中で放置された、ヴィラのなかだ。周囲は雑草が生い茂り、そこら中にゴミが捨てられている。60歳にさしかかろうというThanh Hoa省出の男性は、こう言う。「何年も前に、ハノイに出稼ぎにきて、工事現場の警備員をやってたんだが、どこも給料をちゃんと払ってくれない。食べて、妻と子供を養うので精一杯、家を借りるどころじゃないよ」。

 そこで見つけたのが、Van Quan都市区で、建設途中で放置され住む人のいないヴィラだった。ここで妻と小さな茶店を開き、ほかに自転車やバイクの空気入れ、パンク修理をやって、糊口をしのいでいる。「この家はもう10年くらい放置されてる。売れたかもわかんないし、持ち主の顔も見たことはない。もうしばらくここに住んでるけど」。

 ゆえにKhanhさんたちはタダでここに住み、店を開いている。それどころか、仲介業者を通じて、このヴィラの清掃を100万ドン(約50ドル)で任されるほどだった。「何年もほったらかしで、そりゃひどかったよ。草はぼうぼう、蔓も壁にびっしり。2階とか、3階まで。注射器は散乱してるし、ゴミの山だし。ここでみんなトイレもするんで、臭くって」。しかし友人と3日かけて何とかきれいにしたが、100万ドン払ってくれるはずだった家主は、一向に現われなかった。

 茶店の道具を除いて、Khanhさん夫婦には、行き来に使うオンボロの自転車しかない。食べる場所も、寝る場所も、仮のもの。ほとんどは、裕福な家から出されたゴミである。

 10年も放置された家は、苔むし、カビて、劣化し、ドアも無ければ、電気も水道も通っていない。「ここで暮らすのも大変だよ。雨の日、晴れの日、嵐の日。ゴミを捨てにきたり、便所がわりにしたりするやつもいるから、注意してなきゃいけない。この家には170億ドン(約85万ドル)って値段がついたこともあるらしいけど、ちっとも快適じゃないね」。

■女たちの住む家

 同じくHa Dong区のVan Khe新都市区では、20軒あまりのヴィラなどの一戸建てが、建設途中で放置されている。その一部がこの3年、HoangさんらThanh Phuc建設社で働く10人の男性たちの、無料の住処となっている。みなハノイ市Quoc Oai県の出身だ。

 Hoangさんらの仕事は、新築マンションの排気管取り付け。忙しいが、作業員の給料は月々300万~400万ドン(約150~200ドル)。だから友人と誘い合って、ここに住むことにした。仮の住処であるため、家財はいたって質素。部屋にはそれぞれ、2台の2段ベッドしかなく、洗濯紐に衣服をひっかけ、あとは、水のボトルがいくつか。

 「電気と水は、会社から分けてもらってる。風呂とか洗濯とかトイレとかは、ここらの家の一カ所を使ってる」。この家の並びには、他に20人ほどが同じように住んでいるらしい。

 無料とはいえ、生活にはさまざまな苦労がある。「どうしようもなかったから、ここにいるだけなんだ。ここじゃ生活に必要なものが、何もかも足りない。夜も外に行けないしね。この辺りには麻薬中毒がたくさんいるし、注意しなきゃ注射器を踏んじまう。恋人がいたって、ここには連れてこれないよ」。

 その向かいには、Phu Tho省から出てきた女性たちが住んでいる。Bangさん(51歳)の住む部屋には、同じ田舎出身の6人が住む。一番はやく出てきた人でもう7年。最近出てきたのは、高校を卒業したばかりの女の子だ。

 Bangさんはハノイに出て5年。廃品売りから行商まで何でもやって、今は建設会社で働いている。仕事は、工事現場の清掃だ。「仕事は忙しくない。言われたことをやるだけ。毎日9万ドン(約4.5ドル)もらえる。でもこの何カ月かは、みんな給料をもらってなくって、やんなっちゃう」。

 ここで女性たちが一番恐れているのは、蚊だ。何年も放置されている家だけに、夜に家に戻れば、まずは蚊帳をかけねばならない。もうひとつ大変なのが、盗難だ。「とにかく、何か出しておけば、それがなくなるの。洋服だって。仕事に行く時だって、みんな外には干さないわ」とBangさんが話した。

(Tuoi Tre)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2013/08/24 04:49更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > 貧乏人の住む100万ドルの大邸宅 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.