HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

日本・ベトナム“理想のカップル”の対中「融和策」


 先日行なわれた、安倍晋三首相の東南アジア外遊。日本は今なぜ東南アジアをこのように必要とし、日本とベトナムの関係は、このチャンスをどう活かすのか。

 ベトナムと日本はいま、中国との領土紛争という面倒を抱える「似た者同士」だ。平和が乱され、東シナ海、南シナ海における紛争での中国のエスカレートする主張に、ベトナムと日本は、状況を同じくしている。

 ベトナムに対しては、ケーブル切断や漁船の排除、「民用船」による主権侵害といった、法的根拠に欠ける横暴な行動が連続的にとられ、日本に対しては、外交圧力や領空侵犯で挑発するだけでなく、レアアースや日本製品ボイコット、日系企業の施設破壊など、深刻な経済的影響を与えている。

 「同病」であれば、「相憐れむ」ものだ。実際両国は、紛争問題において結びつきが強まっている。ベトナムと日本が同病相憐れむことで近い将来、理想のカップルが生まれる可能性は高い。ここでいう理想のカップルとは、ベトナムと日本が、経済から政治まで、相通ずる戦略的利益を探し、結びつけるために多くの計画を進めることだ。これらは、双方の正当かつ不可欠なニーズに始まらねばならないが、ここで特に、そして本当に関心を持たなければならないのは、この理想のカップルは、中国という要素を融和し、この国を、海の紛争を含め、様々な分野で協力し、連携できるパートナーとして見なければならないということだ。

 本質を見れば、この似た者同士の関係を、反中国をうたって近い将来に理想のカップルに発展させても、いくつかの要素から、短期的で、係争以外の問題に影響が広がることを抑えることしかできない。

 まずは、両国がともに中国を重要な貿易相手と見ていることがある。実際の統計の数字を見れば、ベトナムにとっても日本にとっても、二国間また多国間の貿易関係においても、中国の役割がますます重要になっていることが簡単にわかる。そのため、ベトナムにとっても日本にとっても、戦略的、軍事的、また外交的な計画、計算において中国がますます不可欠な役割を果たすようになっていることを否定するのは難しいのである。

(Phap Luat)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2013/01/24 04:21更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 日本・ベトナム“理想のカップル”の対中「融和策」 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.