HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

アメリカにベトナムの味を――ファストフード・バインミー


 サンドイッチは西洋の食べ物――アメリカでベトナム風のサンドイッチチェーンが発展すると考える人などほとんどいなかった。だが、Chieu Leさんが経営する「Lee’s Sandwiches」はそれをやり遂げた。

 『Forbes』誌はかつて、世界に影響をもたらした新しいトレンドに関する記事で、ベトナム風サンドイッチを取り上げたことがある。いわくアメリカ文化は以前はファッション、娯楽からグルメにいたるまで世界の文化をリードしてきたが、現在は逆に他国のトレンドに侵食されている。その中で世界に影響を与えたトレンド20のひとつにベトナムのバインミーが挙がっている。記事ではそれまでのように英語を使わず、ベトナム語の「バインミー(Banh Mi)」という表記を用いた。

 『Forbes』はバインミーをこう紹介している。「バインミーはアメリカに急速に浸透した。フランス風の小さなバゲットに香草、玉ねぎ、漬物、唐辛子、豚肉をはさんだこのストリートフードは現在、ベトナム人移住者のコミュニティから外に出て、北米のトレンドになっている。カリフォルニア州サンノゼのLee’s Sandwichesはバインミー最初のフランチャイズチェーン店で、すでにカリフォルニア、テキサス、アリゾナ、オクラホマなどに30店舗以上を展開している」。

 グルメ専門紙『Nation’s Restaurant News』も、Lee’s Sandwichesのベトナム風サンドイッチがアメリカのサンドイッチの新しいトレンドとなったと報じている。

 さらに、Lee’s SandwichesはLee’s Coffeeブランドを通じて、ベトナムの伝統的なスタイルで淹れるミルクコーヒーの普及にも貢献している。現在このミルクコーヒーはアメリカのグルメサイトで「カフェスアダー(Cafe Sua Da)」と紹介され注目を集めている。Lee’s Sandwichesのバインミーとカフェスアダーは北米でベトナムの食文化の普及に大きく貢献し、他国でも発展しつつある。

■始まりは1台の移動販売車

 バインミーとカフェスアダーの成功でLee’s Sandwichesも大きく発展しているわけだが、当然この成功はLe一族、特にChieu Leさんの絶え間ない努力の賜物である。

 『Asian Week』誌によると、Chieu Leさんがベトナムを離れたのは大学3年生だった1979年。1980年からサンノゼに住み始めた。当初は英語が流暢に話せず、少なからず困難があったようで、食肉加工場で肉の解体をして生計を立てていた。妻が子供を産んでからは経済的にさらに苦しくなり、アメリカ社会に溶け込み、より高い収入の仕事に就くために、彼は英語の学校に通い始めた。そのとき彼は学校の前でベトナム人が経営するファストフードの移動販売車を目にした。このビジネスのポテンシャルに気付いた彼は、資金を貯めてトラックを買い、1981年からサンノゼでファストフードの移動販売を始めた。

 固定客を数多く掴むため、妻Yenさんとで市内の各企業に話をつけ、ワーカーの休憩時間に販売させてもらうことにした。商売は次第に軌道にのり、1982年にChieu Leさんの弟Henry Leさんも移動販売車を購入、その後兄弟でLee Bros社を設立した。ベトナム語の「Le」をアメリカ人が読みやすいよう「Lee」とした。経営は順調だったが、基本的に平日のみの営業としていた。しかし1983年からは週末にも販売するようになった。このファストフードは瞬く間にブームとなり、競合相手の地元のレストランから自治体に物言いがつくほどだった。そこでLeさん一家はすぐに場所を確保し、Lee’s Sandwichesの1号店をオープンしたのである。そのときからLee’s Sandwichesは絶えず発展し、経営を拡大してきた。

 2001年、Chieu Leさんは長男Minh LeさんとともにLee’s Sandwichesチェーンの新しい経営スタイルの構築に着手した。バインミーとアメリカのファストフードを一緒に販売するというものだ。バインミーを主体にしたこのスタイルは、アメリカ西部で急速に発展するチェーンのひとつとなった。ただ残念なことにMinh Leさんはこの成功を見ることができなかった。2001年に21歳の若さで交通事故で亡くなったのだ。

 現在、Lee’s Sandwichesは移動販売車500台あまりと数十のチェーン店を抱えるアメリカで最も有名なファストフードチェーンのひとつとなっている。 

(Thanh Nien)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2013/01/05 01:54更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > アメリカにベトナムの味を――ファストフード・バインミー 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.