HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

“忍者”ネズミに苦しめられる生活


「特に雨の日とか、潮が満ちたときなんかに水路から出てきて、家に入って大暴れ。でもほぼ毎晩やられてる。ゴミ袋をかじってゴミをあたりに撒き散らかしたかと思えば、蚊帳の中まで入ってきて、子供の足を血が出るほどかじったり」ホーチミン市Tan Binh区Hy Vong水路近くに住むPham Thi Thuyさんは、ネズミの被害を忌々しく語る。

■戸は閉めた、なのに室内お邪魔します

 水路近くに住む人々は、ネズミのおかげで、安心して過ごせる日はほぼ無きに等しい。

戸をきちんと閉めていても、穴をしっかりと塞いでいても、ネズミたちは家内に忍び込んでくる。どうやら、トイレから家のなかに入ってきているようだ。

特に、大雨や潮の関係で水かさが増し、住処が浸かるとヤツらは出てくる。店などでは見張り番をつけ、屋内に入り込まないようにしているのだが、「ちょっとうっかりしてたら、作りかけのお菓子を30個ほどやられて。揚げたてのアツアツでも、さっと持ってっちゃうんだから」Tan Binh区Cong Lo通りに住むVo Thi Nhungさんは言う。

 Thu Duc区Hiep Binh Chanh街区に住むTuyetさんいわく、このあたりでネズミは、忍者のように忍び込んでくる。床下を掘って家のなかに入り込むようで、「ネズミの力ってスゴイのよ。掘られて床が沈んじゃった家もあるんだから」。

 しかし最も大変なのは、水路沿いの湿っぽい下宿かもしれない。年がら年中、ネズミと共生しなければならないのだから。

「何でかわかんないんですけど、最近は特に多いような気がします。昼でも、群れで台所にやってきて、お鍋をゴソゴソ。何か見つければ、それをかじる。もうヤになっちゃって、殺鼠剤を撒いたら、次の日には、あっちこっちで死んでて、ゾッとしちゃいましたよ」7区Huynh Tan Phat通りの下宿に住む学生Huongさんはこう言う。

■火災の犯人

 Binh Thanh区のNgo Tat To集合住宅に住むNguyen Huu Hiepさん家族は最近、心臓が止まる思いをした。

「妻が料理をしようとガスの元栓をあけたら、何だかガスの匂い。慌ててチェックしたら、ガスのパイプがネズミにかじられていて、小さな穴が開いてた。間一髪セーフだったけど、気づかないで火をつけていたら……」Hiepさんは思い出す。

 12区Vam Thuat川近くに引っ越してきたUng Thanh Dungさん家族は、郊外の静けさを満喫するどころか、ネズミに生活をかき回されることになった。

「夜になると家に入ってきて、洋服だの何だのかじってく。客間に置いてたバイクも電線をかじられて、朝どうしたってエンジンがかからないんだもの」Dungさんは憤る。機械関係の仕事をしていて電気に詳しい彼は、ホーチミン市で発生しているバイク火災の原因のひとつが、ネズミにあるのではないかと見ている。「電線やガソリンが流れる管をかじられて、そこから火がついて車両火災になるってわけ」。

 市消防警察局の幹部Dao Duc Hieu氏も、車両や住宅火災の原因を調べると、犯人がネズミであったケースが多々あると言う。「ガソリンやガスの管をかじってしまうので、これが間接的な火災の原因になっています」。

■ビルの中でも

 Binh Thanh区Xo Viet Nghe Tinh通りに住むDuyさん一家は、ネズミのおかげで家財の買い替えに大金を費やした。冷蔵庫は2回修理をして、洗濯機のパイプは新しいものに取り替えた。

 しかしネズミが暴れるのは一般家庭ばかりでなく、ビルなどでも同じだ。Binh Thanh区のDビルでは、一部の住民が18階の屋上を利用して野菜を植えていた。しかしそれも、芽吹いたところで荒らされてしまった。

1区Cong Quynh通りの会社で働くある会社員によると、社内では常時、ネズミの鳴き声や、走り回る足音に悩まされている。パソコンなどのケーブルをかじられて、ビジネスにも支障が出ている。そこで薬品を使ってネズミ退治に乗り出したところ、数日で姿は消えたが、死体も出てこなかった。その後1週間近くすると、社内にはネズミの死臭が漂うようになったそうだ。

(Phap Luat)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2012/11/10 04:13更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > “忍者”ネズミに苦しめられる生活 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.