HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

ベトナムは祖国より良い生活ができる?


 朝の運動を終えるとシャワーを浴び、日中外交問題に目を通し、簡単な食事を済ませ、出社する。昼食はオフィスまでデリバリー。夕方は友人や取引相手とテニスを楽しんだり、ご飯を食べに行ったり。夜、家に帰るとソファーに寝転び、上海マスターズのノバク・ジョコビッチ対アンディ・マレー戦を観戦しつつ眠りに落ちる……勘違いしないで欲しい、これはベトナムでの生活を綴ったものだ。

 HSBC銀行と市場調査会社YouGovが発表した100カ国の専門家5,339人を対象とした調査「Expat Explorer」によると、ベトナムで生活・仕事をする外国人の50%あまりが祖国よりもベトナムでの生活バランスの方が良いと回答した。

 フランス、アメリカ、日本でより高い給与で働いている人でも、ベトナムにいるように生活に割く時間は多くない。日本人は朝早く起床し、いそいそと電車に乗り込むと移動のあいまに朝食や仮眠。職場に一歩足を踏み入れれば、休むことなく働き、くたくたになって家路に着く。一方でベトナムの会社員は、仕事中に一服する時間がある。職場では専門的な話し合いのほか、おしゃべりに花が咲くことだってある。

 30年あまり住んだアメリカから帰国し、ホーチミン市の国際病院で働く眼科医Pham Hong Nam氏は、ベトナムの生活に満足げだ。「ベトナムでの生活は気が楽です」。

 住宅にも言及すべきだろう。ハノイとホーチミン市の二大都市を除けば、住宅の問題はそれほど難しくない。若い夫婦だって家やマンションを購入できる。在住外国人の53%は、祖国よりも手頃な価格で便利かつ良い住宅を得ている。ベトナムに来る前には考えられなかったプライベートプールに喜ぶ外国人も27%いる。

 また3分の1の外国人は、ベトナムでは多くのビジネス機会があると答えている。幼いときからアメリカに住み、数回ベトナムに帰国しているConner Nguyenさんも「ベトナムで新たなチャンスを見つけた」と話している。彼は「Saigon Heat」というバスケットボールチームに投資している。

 今年9月、Bangkok Bankはベトナムでの投資拡大を決めた。Bangkok Bank VietnamのTharabodee Serng Adichaiwit頭取は、ベトナムの強みは政治の安定と30歳以下が50~60%を占める若い人口だという。天然資源も豊富で、450万人の越僑による毎年の送金額は50億~70億ドルに上る。こういったことからBangkok Bankはハノイとホーチミン市における活動許可書の延長を申請している。

 ベトナムに住む外国人は、ベトナム人がフレンドリーなことから気楽に生活できるとし、3分の2の外国人にはベトナム人の友人がいる。

 もちろん、外国人が持つベトナムのマイナスイメージを変えることはできない。特に彼らは、工員の就労態度に満足しておらず、信頼不足からベトナムパートナーとの協力を不安視している。突然の政策変更、汚職、賄賂に対してベトナムに来たばかりの人はどうすることもできない。

 ベトナムでいい生活をしたければ広い心が必要――HSBC銀行の専門家はこうまとめている。

(Nhip Cau Dau Tu)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2012/10/25 04:32更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > ベトナムは祖国より良い生活ができる? 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.