HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

華やかな祭典の裏で故郷に思いを馳せるベトナム人


 オリンピックに沸くロンドンで生活するベトナム人を追った。

■寂しくても家族の笑顔のために

 Nghe An省出身のNamさんは、チェコとフランスから違法ルートでイギリスに入国した。「家族はとても貧しく、子供も4人います。不作続きだったので、1億5,000万ドン(約7,500ドル)借りてチェコに出稼ぎに来ました。4年働いた後、フランスを通ってイギリスに渡る違法ルートがあると聞き、2,500ユーロ払ってイギリスに来ました」。

 2011年の夏、Namさんは初めてフランスからイギリスへの越境を試みた。フランスで必ずやることとして忠告されていたのは、全ての携帯書類を捨てること。入国が失敗しても、フランス警察が身元を確認できないようにするためだ。国籍が分からなければ、数時間の拘留後に釈放される。ただ結局Namさんの最初の入国は、英仏間の国境警備隊詰所そばのトラックに寝ていた警察犬に発見されて失敗に終わった。

 4度目にしてやっとNamさんはイギリスの地を踏むことができた。「忘れられない越境でした。国境警備隊のスキャナーに見つからないよう黒いビニール袋に身を隠し、トラックの荷台に横になっていました。両手で袋の口を握り締め、苦しくなったら袋を捲り上げました。その夜も警察犬がいましたが、嗅ぎ当てられませんでした」。

 オリンピック開幕2日前にNamさん宅に招かれた。10m2にも満たない部屋で彼は、妻と子供の写真を胸に抱き、「寝る前にいつもこの写真を見るんです。私のパワーの源ですから」。そんなNamさんに将来を尋ねると、「分かりません。ですが帰国するつもりはありません。苦しみや悲しみを耐えることはできます。将来が無くても、妻と子供が楽しく暮らせればそれでいいです」。

 Namさんはレストランで働き、調理補助から野菜洗い、掃除まで何でもこなす。毎日8~10時間働き、費用を差し引いて毎月1,500ポンド(約2,346ドル)ほどを仕送りしている。「故郷では、夢のような額です。このお金で、妻と子供が楽しい生活ができればと思います。これこそが私の幸せです」と彼は笑顔を見せる。

 Namさんが働く10m2ほどの小さなキッチンでは、5人の従業員が調理しており、うち3人が不法入国したベトナム人だ。彼らもNamさんと同じようにフランスに渡り、そこから国境を越えイギリスに入るために金を支払い、入国後に仕事を見つけ、金を貯め、借金を返している。みな、家族が恋しくなるほかは、いい生活ができていると言う。

■危険と隣り合わせの大麻栽培、見つかれば強制送還

 ベトナム人不法入国者のあいだでは、大麻栽培が流行っているという。多くの利益を得られる大麻を、彼らは『金のなる木』と呼んでいる。

 「100m2ほどの大麻畑を3~6カ月手入れすれば、30万~50万ポンド(約47万~78万ドル)稼げる。大麻を栽培するベトナム人は多いが、金を持っている人は、不法入国者を雇って栽培するので捕まらない。捕まるのは直接栽培した人で、逮捕されれば、国に強制送還される」と大麻を栽培したことがあるTinhさんが教えてくれた。

 Tinhさんは傷だらけの背中を見せてくれた。収穫中に彼の栽培した大麻を盗もうとしたグループと争った時の傷だ。大麻栽培者は警察だけでなく、略奪をはじめとする無数の危険に立ち向かわなければならない。彼は大麻栽培で5年の禁固刑を言い渡された。家族の身元保証でイギリスに来たため国外追放はされなかったが、出所してこの仕事からは足を洗うと決めたものの、現在も国籍は発行されていない。

 ハイフォン市出身のLongさんも、大麻栽培で2回捕まり、国外追放された。だが、刑務所生活もあり借金が増えたため、大麻栽培を成功させ借金を返済すると決め、イギリスに戻ってきた「すべきではないと分かっている。でも利益が大きいんだ。もう後戻りする道などないよ」。

(Tuoi Tre)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2012/08/06 03:04更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > 華やかな祭典の裏で故郷に思いを馳せるベトナム人 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.