HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

「金利は実質プラスにできない」預金離れ促す?国家銀行総裁発言


 Nguyen Van Binh国家銀行新総裁が衝撃発言だ。「理にかなっていない」との理由に、「長期的な方針として預金金利を実質プラスにすることはできない」と述べたのである。

 通貨管理機関の長たる者の説明によると、「各国で国民は口座を開設し、銀行はお金を預かるのであり、銀行は投資先ではない。資本投資したいなら、証券市場に投資すべきだ」。

 この発言に、何十万という預金者が動揺した。この数カ月国民は、前年同期比のインフレ率が20%を超えるなか、国家銀行により14%に抑えられている預金金利に耐えてきたからだ。耐えていたのは、インフレが抑制され、保有する国内通貨が価値を上げ、金利で少しばかりの利息を得られると期待していたからだ。絶対多数は、総裁の言うように、「銀行にお金を預かってほしい」と思っていたわけではない。

 社会的心理として預金は、生産施設や事業を行う条件が揃わないなかでの最も簡単な投資方法と見られている。それだけに多数のウェブサイト上での現在の投資先に関するアンケートの「銀行預金」という選択肢は、不動産や証券、外貨、金などに大きなリスクがあるなかでの、最も選ばれるものとなっている。

 3~4年前に証券市場がどう伸び、その後どう落ちて行ったかというのは誰もが知るところである。その引き波は誰をも逃さず、より痛ましいのは、経験に乏しい人や、足の遅かった人、投機筋が手を引いてしまったあとに市場に参加した人々である。いま、「空心菜」よりも安い株を手に、多くの人が泣くに泣けない状態でおり、この投資先に対する彼らの信頼を回復するのは簡単なことではない。

 決議11号に基づき、政府は国内通貨価値の信認度を高める多数の措置を導入している。銀行に資金を集めるために、外貨や金、不動産の熱を下げるさまざまな行政措置を採っている。預金者に実質プラスとなる金利を保証すると首相が発言したことも、1度ではない。

 そこにきてのこの発言で、国民は顔を見合わせている。「だったら預金して何になるのか」。

(Phap Luat)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2011/08/22 05:56更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 「金利は実質プラスにできない」預金離れ促す?国家銀行総裁発言 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.