HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

スタントマン――死と背中合わせの職業


 ベトナムのアクション映画が増えるにつれ、スタントマン需要も増えている。

■若者の注目集める

 ホーチミン市のCascadeurクラブ(スタントマンクラブ)では学生が最も多い。Quoc Thinh Cascadeurクラブ(Tan Binh区)のメンバーは約80名、3分の2が学生だ。Bao An Cascadeurクラブには50人が参加し、うち40人が学生、X-menグループも、40人中30人が学生だ。Hong Bang国際大学のCascadeurクラブは30人中ほとんどが、舞台・映画大学、HUFLIT大学などの学生である。

 クラブには、ただ身体を鍛えるために参加したが、後に夢中になったという人もいれば、芸能の場に馴染むためという人もいた。

 スタントマンを始めて2年になるQuoc Thinh CascadeurクラブのKim Dungさんは、「最初はCascadeurが何か知りませんでした。友達から聞き、楽しそうだったのと健康のために参加することにしました。ところがどんどんはまり、やめられなくなって」という。

 「先輩達は、宙返りや難しい動きをしています。クラブに参加したのは、映画に夢中になったからです」こう話すのは中学校3年生のTuanさんだ。

■離れ業の数々

 Hong Bang国際大学武術学部の卒業生Mai Lanさんは2005年、映画『Xom Cao Cao(バッタの村)』の爆発シーンで、女優Mai Phuongさん演じるHongのスタントマンとして撮影に参加した。「今でもよく覚えています。屋根の上には5つの爆弾がありました。監督からは走るように言われて走り出すと、どんどん爆発して家が燃え出し、その場で動けなくなってしまって……。その後誰かが担ぎ出してくれ、暫くしてようやく我に返りました」。

 スタントマンは、極めて危険な状況をともなう。Quoc Thinhさん(39歳)は、Lam Dong省Dambri滝で命を落としそうになったことがある。

 1995年、彼は映画『Hong Hai Tac(紅い海賊)』で、俳優Ly Hungさんのスタントマンとして参加した。映画では、高さ60mから滝の下に飛び降りる場面があったが、途中で木の茂みがあり障害となったため、撮影できなかった。そのとき、上にいた人がロープでQuoc Thinhさんを縛り、下に降ろして木を切ろうとした。ところが、もうすぐその場所に着くところで、突然ロープが切れてしまった。幸い、上にいる人がとっさにロープを掴んだが、何度も何度も同じ状況が続いた。

 「滝の下はすべて石。落ちたら死んでいたでしょう。15年以上経ちますが、今でもよく覚えています」と彼は話す。

 強盗6人を捕まえたことがあるTran Nhu Thucさんは2010年1月、ドラマ『Doi dien tu than(死神との対峙)』の撮影で、高さ15m、距離95.5mを時速120kmで車で飛んだ。

 5,000人を超える人が、彼の演技を一目見ようと沿道に詰め掛けた。18時過ぎ、Nhu Thucさんが飛び、車は押しつぶされた。誰もが彼は死んだと思い、観衆からは泣き声も聞こえてきた。「かなり危険でしたから、友人や家族も、できると思っていた人は誰もいませんでした。最初は80km、最高でも100kmと言われてたんですが、全速力で行きました。この仕事は危ないほど面白いですから」。

 Bui Van Haiさんも業界で有名だ。滝に巻き込まれ、死にそうになったことがあるHaiさんは、「Lam Dong省のPongour滝で、スタントマン達を助けたことを思い出します。危うく、私を含め8人が死にそうになったんです。最初は、俳優を助けるために入ったスタントマンが流され、私も3番目に助けに出ましたが、水に飲みこまれてしまって……。8人目になってようやく止められたんです。あと1mで30mも下の滝壷に落ちるところでした。もしそうなっていたら、命はなかったでしょうね」と教えてくれた。

 Vung Tau市のThuy Vanホテル8階から飛び降りたことがあるのは、Bui Minh Anさん(31歳)。2006年、歌手Ly Haiさんのアルバム撮影でのことだった。今でもAnさんは、この出来事を忘れてはいない。

 この非常に危険なアクションをみようと、ビーチには大勢の人が押しかけた。地面にはダンボールやマットが敷かれ、午前11時、Anさんが身を投げ出した。彼が死んだと思い、泣く人もいた。Anさんは、「映像を見直して、自分がどうしてこんなことができたのか分かりませんね」と話してくれた。

(Thanh Nien)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2011/08/10 07:10更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > スタントマン――死と背中合わせの職業 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.