HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

気候変動で最も影響あるのはビンチャン・2区、ホーチミン市試算


 ホーチミン市科学技術局は5月25日、研究テーマ「ホーチミン市の土地使用計画、交通、水資源およびインフラに服する、気候変動下の一部数値試算モデルの構築」検収を行った。研究は高く評価され、これが、市の気候変動対応計画立案の根拠となる。研究は、南部気象水文環境分院のNguyen Ky Phung副分院長を中心にまとめられた。Phung氏に話を聞いた。

Q: 気候変動の影響は?

A: まずは水資源に深刻な影響が出ます。ホーチミン市への海水浸食の試算では、Can Gio県全体が塩分4‰(農業用水の限界)の影響を受けます。市全体の給水にも大きな影響が現れ、塩分1‰の水がThu Duc浄水場に近づき、2030年には6.5km付近、2070年に3km付近まで近づきます。浄水場が使う水源に安全ではない距離となるため、Thu Duc BOO浄水場の移転も将来的に考えなければなりません。Dong Cu Chi水路から取水しているTan Hiep浄水場では塩分1‰の水が2030年に16.2km付近、2070年には15.3km付近となります。Dau Tieng湖の貯水能力にも大きな影響が出て、乾季には水量が8~12%落ち水不足になり、雨季には水量が増し洪水を引き起こします。

Q: 交通やインフラ、土地使用計画への影響は?

A: 土地について、今後2020年までに海水面が上がるのは8~13cmで、大きな影響はありません。しかし2030年以降は、冠水がより多く起きるようになり、農業や緑地等に影響が出ます。24区県のなかで最も影響を受けるのはBinh Chanh県で、2070年までに海水に沈む面積は農地610ha、中心部住宅地190ha、新興住宅地247ha、緑地・スポーツ公園124haなどです。このためBinh Chanh県の土地使用計画を見直し、将来のインフラ、工業、住宅地の損害をできるだけ抑えるために、適時調整しなければなりません。

 2区も、Thu Thiem都市新住宅地、拡大主総合センターエリアで冠水の危険性が高く、Rach Chiecのスポーツセンター区(220ha)では94haが冠水する危険があります。

 2030年には道路1,022kmが冠水の影響を受け、2070年には1,500km程度になります。国道1A号線、22号線、省路50号線は、堤防の力が不十分なことによる影響を受けます。鉄道も、予定されているモノレールや地下鉄はいずれも、突発的に冠水が起きる可能性がある地域を通っていることから、影響が出ます。

 生産施設について最も注目すべきはLe Minh Xuan工業団地で、2020年、2030年までに想定では0.36~0.57haの冠水ですが、2070年までには390ha、工業団地面積の34%が冠水します。ほかPhong Phu、Phu Huu工業団地、ハイテクパークも一定の影響があります。

Q: その他の警告は?

A: 試算によると、ホーチミン市地域の2020年の平均雨量は1,857mmとなり、2070年には最大でさらに343mm増える可能性があります。平均気温は現在27.6℃ですが、2030年には0.31℃上昇し、2070年には3.28℃、2100年には5.23℃上がる可能性があります。こういった気温の上昇も確実に市民生活、市の活動にさまざまな危険性をもたらします。

(Sai Gon Tiep Thi)



※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2011/06/08 06:45更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > 気候変動で最も影響あるのはビンチャン・2区、ホーチミン市試算 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.