HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

電気設備、国産品が市場を奪い返す


 「100%国産の電気設備でも、英語のブランド名のため外国製品と誤解されているものが多い」KTG社のDang Trong Ngon社長は、こう言う。このことでベトナム製品は、消費者に一段下に見られ、国内市場で負けているとの声もあるが、業界の人々はかなり楽観的だ。

 Ngon氏によると、ベトナム企業は電気設備市場のシェア70%を持っている。残りは外国の高級品と、中国や近隣国の低質品である。

 コンセントやスイッチ、ケーブル、照明といった各品目を見ていくと、ベトナムブランドの優勢さがよく分かる。装飾性の高い高級品を中心とする輸入品は20%も占めていない。例えばDien Quang社は照明設備で60%のシェアを持つ。Cadivi社は電線・ケーブル分野でシェアトップで、さまざまな国に輸出している。

 KTG社がベトナムで生産権の譲渡を受けている製品であるCometやACというブランドも、完全にベトナム製品だが、外国製品と見られている。ブランド名だけで、消費者はベトナム製品がこの市場に入り込めていないと感じているが、実際にはそうではない。

 Ngon氏によると、各社の成功の主な要素は、生産技術の移転を受け、独占流通し、地域ごとに異なる多様な需要に応える製品の研究を主体的に行えたことにある。

 オムロン、三菱電機、安川電機、富士電機といった外国ブランドの電気設備を専門に流通するある会社の社長によると6~7年前は、外国製品がベトナムで非常に好まれ、国産品を圧倒していた。しかし最近では、ベトナム製品またはベトナムで生産された製品が市場を奪い返しており、同氏の会社も、並行してベトナムブランドの代理店となることを考えているという。

 ベトナムの電気設備製品は、照明設備、コンセント・スイッチ類、電線管、工業用設備など多数のものが含まれる。建設や不動産分野と発展をともにするため、建設省によると電気設備市場の伸び率は年20~25%と高い。この業界の発展の見通しもまだ開けている。

 市場は主に高級と中級の2つに分かれているが、主に都市に集中している。高級と中級の価格差は非常に大きく、製品によっては30~40%になる。Bitexco Financial、New Pearl、Vincom Centerなどの高層ビル・高級マンションはいずれも、高値を受け入れ高級な電気設備を選んでいる。ベトナム企業の参入が最も多い中級市場は主に、一般家庭や一般的な集合住宅向けで、価格が非常に安い低級市場は主に、中国やその他一部の国からの輸入品となっており、この市場で競争する大企業はほぼない。

 南部建設管理投資コンサルティング社の技術者Tran Cuu Nhi氏によると、電気設備は建設物の投資総額の10~30%を占め、投資主の品質と安全性に対する要求はますます厳しくなっている。そのため彼によると、中級、高級市場は今後もさらに発展する機会がある。

(Nhip Cau Dau Tu)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2011/03/05 07:31更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > 電気設備、国産品が市場を奪い返す 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.