HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

あの手この手でやり繰り、今年の夫婦のテト銭戦


 テト(旧正月)が近づくと、口には出さずとも妻も夫もそれぞれに、テトの「資金繰り」に頭を悩ませるようになる。自分の家族を見つつ、実家のことも考えて、それぞれがそれぞれに計算する。その資金は実家の支援分が、自分の家族の三が日の支出を上回ることもあり、それだけにさまざまなエピソードが生まれてくる。普段は明朗会計の夫婦でも、この時期になると、伏せて隠して苦しむが、その「陰謀」が露見した際には、ことは余計に悲劇になる。

「そっちの作戦はどう?」親友Khuongは先日会った際に、こう切り出してきた。「春の作戦。どうすれば実家にお金を回せるか、いまから具体的な計画を立てとかなきゃ、だめだよ」と説明する。

 なぜ作戦を考えなければならないのかと、ふきだしそうにもなったが、確かにヤツの言うことにも一理ある。

 「テトボーナスは1,000万ドン(約530ドル)くらい。これは毎年だいたい同じで、ヨメも把握してる。ボーナスをもらうときになってようやく裏金を作るようじゃぁ、遅すぎる。少なく渡して、なんていいわけする? うちの職場では、テト以外にもボーナスがある。そこから毎回ちょっとずつ抜くんだよ」と彼は言う。

 そんな彼の言うことを聞いて、私は目から鱗が落ちたよう。これまでは、ボーナスをもらうのを待って、ようやく母や兄弟のことを考えていた。たいして出なかったときにはとても妻には頼めず、仕方なく友人から借りたものだ。テトなのに借金とは……。

 しかしどうしろと言うのか。私は長男であり、さらに実家は貧乏子沢山。私は先に都会で勉強して、安定した仕事にも就けたため、春の訪れには、家族の希望の星となっている。

 ある年には母にこう言ったこともある。「稼ぎはあるけど、それだって足りないんだ。今年のテトは、あんまり助けられないよ」。しかしこれに対し母は、こう答えた。「1カ月1,000万ドンももらって、それでも年末には残ってないのかい? きっとヨメが無駄遣いなんだねぇ」。

 母は都会の生活がどんなものか、わからないのである。しかしそれを責めるわけにもいかない。母は都会で暮らしたことが、ないのだから。それだからこそ、私はテトが来れば、借金をしなければならないのである。

 しかしあるとき、妻は私の携帯電話で借金に関するメッセージを発見、正月気分は吹っ飛んだ。「どうして私にウソつくの? お母さんにお金を渡すことを隠さなきゃならないほど、私は悪い妻ってわけ? こういうことするってことは、あなたの家族は私をそう見てるってわけね。ずっと前からウソついてたんでしょう? だったらもう一緒に暮らしていけないわ!」。

 収入がまだましなケースでさえこうなのだから、貧しい家庭、特に貸家住まいの工員一家ともなれば、なおさらである。

 ホーチミン市のTan Binh工業団地で働く女友達は、こう言う。「テトにはお互いに200万ドン(約105ドル)くらいのボーナスをもらう。交通費でほとんどなくなっちゃうのに、どっから実家の両親、兄弟に金を出せると? うちは実家に帰るのは3年に1回、それで毎年少しずつためて、ようやくなのよ」。

 彼女は夫には、今年の帰省でもお金はないので、お互いの実家には数十万ドンしか渡せないと話している。

 だが本当は「隠してるのよ。見つかったら困るから、洋服の縫い目に20万ドン札とか50万ドン札とか隠しとくわけ」。

 しかし運の悪いことにあるとき、3歳の子どもがいたずらで彼女の服を引っ張ったところ、カネがポロリ。それを見た夫はブチ切れて、彼女の顔に一発お見舞い。彼女はその年のテトを、腫れた顔で田舎に帰ったそうだ。

(Phu Nu)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2011/01/04 08:31更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > あの手この手でやり繰り、今年の夫婦のテト銭戦 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.