HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

動かぬコンテナ、港はパンク寸前


 全国で取り扱われるコンテナ貨物の45%が通過するホーチミン市2区Cat Lai港(Tan Cang社)では7月1日からこれまでに、多くのトレーラー運転手の営業休止により、港から倉庫や工場、またはその逆の貨物輸送が途絶えている。6日までに港に残る貨物は3万875TEUS。

■あと1~2週間で港はマヒ、水路運送強化へ

 Tan Cang社のNgo Minh Thuan副社長によると、7月1日からこれまでに港全体の取扱量は13.3%落ちている。懸念されるのは、ICD(内陸コンテナ基地)や輸出業者からCat Lai港に入る輸出貨物が17.7%減少し、Cat Lai港に入る輸入品は、港の許容能力を10%ほど超えていることだ。

 この問題についてTan Cang荷役運送社のLe Dang Quynh Nghi副社長は、「今も1日500~800TEUSの貨物が輸入されており、貨物がますます溜まっている。対策を打たなければ、あと1~2週間で港はマヒする」と言う。同社では対策として水路を使ってICDへの輸送を強化、Binh Thanh区の旧港であるTan Cangへの貨物移動計画を立てている。

■「緊急措置を」議論している時間はない

 港や倉庫での貨物停滞が緊張状態となっているにもかかわらず、道路総局検査団との会合では、根本的な問題が解決されていない。検査団は道路総局の直属機関だが、7月1日からトレーラー運転にFC種免許が必要という規定は、政府の規定である政令34号に含まれるため、検査団は状況や意見を聞き、それを交通運輸省に報告することしかできない。

 会合でホーチミン市貨物輸送協会と各社は、12月31日までの処罰開始日時の延期を政府に助言することを交通運輸省と公安省に提案している。運送各社によると、もはや誰が正しく、誰が間違っているということを議論している時ではなく、重要なのは停滞する輸出入貨物を処理するために緊急措置を採ることだとしている。

(Lao Dong)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2010/07/09 18:41更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 動かぬコンテナ、港はパンク寸前 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.