HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

スマートフォン、FPTの商品投入で低価格競争に


 市場調査会社GFKの2009年調査によると、ベトナムの携帯電話市場におけるスマートフォンのシェアは13.4%。この割合は2010年にはさらに高まる見込みだ。この5月のFPTによるスマートフォンFPT F99の発売で、内外スマートフォン製品の新しい競争が起こりつつある。

 Nokiaは今年初め、ベトナムで上々の業績をあげている。インドシナ責任者のWilliam Hamilton-Whyte氏は「今年第1四半期は、これまでで最もスマートフォンの業績があがった時期。E63、E71、E72、Nokia 5230、Nokia C5といったモデルが多くの人に選ばれた」と言う。

 Nokiaの勢いに負けず台湾の携帯電話端末メーカーHTCも、今年新型スマートフォン5モデルを投入予定で、ほとんどが高級品だ。HTCのベトナム代表者Nguyen Hong Chau氏によると、狙っているのは高級、中級市場で、HTCのベトナムでの発展は非常に速い。ただ具体的な数字は明かされていない。

 これらの情報から、これまでのベトナムでのスマートフォン市場における外国携帯電話メーカーの事業拡大の様子が見て取れる。しかし今年はFPTの参入でシェアが国内企業に分けられるのは確実だ。FPT F99は189万ドン(約99ドル)で、主に一般層を狙っている。

 FPTのスマートフォンと外国製品を比べると、外見や動画撮影、写真撮影、Wi-Fi、Bluetooth、2つのSimを使えるなど基本的な機能は変わらず、操作ボタンやトラックボールはBlackBerryやNokiaと似ている。違うところといえば、F-Storeから無料で必要なベトナム語アプリをダウンロードできるところくらいだ。

 FPT Technology Products社のBui Ngoc Khanh社長によると、FPT F99をはじめその他FPTの携帯電話商品は、いずれもブランド認知度強化を目的としたものだ。今後F99シリーズを複数市場投入していくという。

 現在FPTは、NokiaとHTCのベトナムでの商品流通業者にもなっている。FPT F99の発売がこの関係に影響を与えるかについては、FPTもNokiaも回答していない。HTCは、FPTは各メーカー別に商品のケア担当者を設けていかなければならないだろうとしている。

 2010年第2四半期にFPTは携帯電話FPT Mobileを発売し、これまでに市場シェアの5%を占めている。ブランド専門家Doan Dinh Hoang氏は、経営面で見てFPTは成功するだろという。顧客が何を求めているのか知っており、その証拠に彼らの製品は、ベトナム語を使うなどしてベトナム人の顧客によいサービスを提供している。価格の安さもアドバンテージだ。さらにFPTは広い流通網を持っている。FPTとQ-Mobile(ベトナムの携帯電話ブランドで、FPTのようにハードは中国で製造、ソフトはベトナムで制作)がともに複数の商品を発売することで、消費を刺激し、低価格携帯電話の傾向が生まれるかもしれない。

 NokiaのHamilton-Whyte氏は、低価格のスマートフォンを今後重視するとの言及はしなかったが、実際には同社のスマートフォンは安くなりつつある。Nokiaは2月、一部スマートフォンを10%値下げしている。

 HTCのChau氏は、現在は高級品に集中しているが、年内に投入予定の商品には中価格帯も含まれるとしている。FPTは今後、低価格のスマートフォンで多数のライバルとの競争を余儀なくされる。

(Nhip Cau Dau Tu)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2010/07/03 09:18更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > スマートフォン、FPTの商品投入で低価格競争に 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.