HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

少数民族の新たな生き方さぐる、農産物の輸出に期待


 中部Tay Nguyen地域の少数民族が知識を向上し、貧困を早期に克服、豊かな生活を送れるよう、東京外国語大学の教授らで作る少数民族研究会は、長期にわたって少数民族とともに作業を続けている。

 ベトナム研究を始めて18年になる新江利彦博士は、ベトナム語はむろんK’ho語にも精通し、毎年ベトナムの高原地域の村を訪ね、地元の人になりきって、彼らの新しい生き方の模索に頭を悩ましている。彼によるとこれは、地方自治体に自然環境や安定的な生活、文化価値の保護を提唱する願いを込めたものという。

 Tay Nguyen地域の村に入ると、山岳民族が持つ尊ぶべき特殊な文化を理解できる。H’re族の食事は甘みがあり香り高い。赤色の米粒は、歯ごたえが強いが、噛んでいるうちに独特の甘みが出てくる。H’re族は山肌に稲を植え、肥料や殺虫剤を使わず、草取りをせず、1年に1回だけ収穫する。収穫後、黄金色になった穂をそのまま倉庫に入れ自然乾燥させ、食べるときに脱穀する。このため生産量は1haあたり1.6~1.7トンと非常に少ない。しかし他の地方と比べ栄養失調児の割合が低いことからも、その意義は大きいことがわかる。

 Tay Nguyen地域の人々の生活は自然と密接にかかわっている。毎日森へ入り、新鮮な山菜を摘む。その青々とした葉はなんとも新鮮で素晴らしい味を持っている。Mitsubishi社のTakahashi氏は、現在計画されているベトナムの安全農産物を世界に発信するプロセスを話してくれた。それが実現すれば、Tay Nguyen地域の人々の生活は向上するだろう。

 Hieu村では、冷涼な天然水源を利用しチョウザメとサケの養殖をしている。産地での販売価格はキロ20万ドン(約12ドル)で、ホーチミン市ではサケがキロ37万ドン(約22ドル)、チョウザメが42万ドン(約25ドル)で売られている。ロシアの専門家らがTay Nguyen地域の人々が将来的にキロ1,500ドルもの高値がつくチョウザメの卵を生産できるよう技術移転しているという。

 Mang Denは涼しい気候から第2のDa Latと呼ばれている。自治体では現在、輸出用安全野菜を生産する企業を奨励している。農家では、生産性の高いキャッサバを生産しているが、価格はキロ300ドンと極めて安い。一方H’re族では、従来種のキャッサバを栽培しており、生産量は少ないが酒を醸造することもできる。このキャッサバの酒は独特の香りを持ち、祭礼の席で人々を酔わせてくれる。

 少数民族の苦労を減らすため、地方自治体は様々な支援策を出し、そのひとつとして源泉から引いた天然水を貯める貯水池が建設された。夕方になるとみな誘い合って水を浴びるが、以前から続く生活習慣から、貯水池の周りにゴミを捨てている。日本人の研究班自らが清掃し、環境意識を向上させるよう人々に参加を呼びかけた。Hieu村はまだ貧しいが、人々は正直で気さくだ。住民は政府から森の保全を託されている。この地は60%が原生林で覆われているため、グリーンツーリズムには理想的な場所だ。

 Kontum省の山間地にはNgoc Linhニンジンという希少な植物もある。乾燥させたものはキロ1億5,000万ドン(約8,824ドル)になることもある。現在は経済が困難なことから、このニンジンの開拓も効果が上がっていないが、政府の支援があれば、将来的に多くの外国人を惹きつけられるだろう。

 天然の木材で作られた高床式の教会も独特のものだ。鉄やレンガ、セメントは一切使用せず、壁は土と藁を混ぜたもの、柱は中部の職人の技で組まれた。この教会は1913年に建設されたもので、今も重厚な構えをそのままに残している。山の魅力、Tay Nguyen地域の人々の純粋さ、素朴さから、グループの研究はまだまだ終わらない。

(Thoi Bao Kinh Te Sai Gon)

※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はE-メール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2009/05/02 01:35更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > 少数民族の新たな生き方さぐる、農産物の輸出に期待 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.