HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

投資・進出

ベトナム:Nghi Son経済区、製油所中心に投資誘致


 長く美しい海岸線を持ち、観光地としてのみならず経済面で多数のメリットを持つThanh Hoa省Nghi Sonは、総合経済区として開発することで首相承認を受け、昨年5月、Nghi Son経済区への投資には他経済区同様の高い優遇政策が採られることとなった。

 深い水深を持つ港を擁する同経済区は北部と中部の境に位置、南ラオスや東北タイへの利便性も高い。主に重工業、石油化学産業の投資を誘致する計画で、その中心となるのが、投資総額40億~50億ドルのNghi Son石油化学コンビナートである。
 
 同経済区Le Thanh Ha副管理委員長によると政府は、Dung Quat経済区に次いで二つ目の製油所を置くNghi Son経済区のインフラ整備・投資奨励政策の制定に力を注いだ。同氏によると、総合的に見てNghi Sonは、Dung Quatよりもメリットが多いと評価されている。

 Thanh Hoa省が整備したNghi Son港の第1・2埠頭は1万~3万トン級船舶の着岸が可能だが、現在その能力は限界に近づいている。ここには国内最大級のセメント生産工場Nghi Sonセメントの専用港があるほか、管理委員会は現在、東西道路や南北道路、Nghi Son港における防波堤整備などのインフラ整備を急ピッチで進めている。
 
 5年の準備期間を経て、Nghi Son石油化学コンビナート委員会(ベトナム石油・ガスグループ)は、年内にも合弁契約を交わす計画だ。合弁相手は日本の大手企業、政府から国内での石油類流通・卸売・小売分野への参入が認められる見込みだ。
 
 石油化学コンビナート委員会Cao Hoai Duong委員長は、「プロジェクト展開が経済区に変化をもたらす」と期待を寄せる。年間700万トンの能力を持つ製油所以外、付帯するPTAやPET生産をはじめとする石油化学工場などのプロジェクトは、いずれも大規模なものだ。

 この一大プロジェクトを受け国内大手も進出、ベトナム船舶工業総公社(Vinashin)は5万~10万DWT級船舶の造船所、ベトナム電力グループは出力1,800MWの火力発電所を建設する。Nghi Sonへの投資促進セミナー後には、同地への視察も相次いでいる。
 
 なお同経済区への投資に対しては、活動開始から15年間の事業所得税率10%、課税対象所得発生から4年間の免税、続く9年間の50%減税などの優遇措置が与えられる。


(Lao Dong)

(2007/04/06 07:21更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 投資・進出 > ベトナム:Nghi Son経済区、製油所中心に投資誘致 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.