HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

人事・法律・会計・労務

ベトナム旧正月(テト)明け、工場などで労働者不足


ホーチミン市輸出加工区・工業団地就職サービスセンターNguyen Thanh Tung所長によると、輸出加工区・工業団地では毎年のテト明けに労働者を5~7%失っている。

帰省したまま戻らない、転職するなどの理由によるもので、各社はテト明けに労働者獲得競争を強いられている。

 Rubimex 3社では20~30%の労働者が不足すると予測、他社に予め連絡し、生産が間に合わないようであれば、支援を仰ぐ。An Phuoc縫製社では、テト明けの生産減および納期延長を取引先に要請、生産開始も旧暦1月10日(2月26日)からとする。

某靴メーカー社長によると、テト明けの労働者不足は海外の取引先なども周知であり、この時期の注文を避けるケースも多く、縫製・製靴業界は「閑散期」ともなっている。

 対策として各社はテト前から、労働者を紹介した従業員に報奨金を出すことを通知、担当者に選考資金を渡すなどして労働者確保に努めている。An Phuoc社では地方の就職サービスセンターと契約を交わし、予備労働力を確保している。

 適切な対労働者制度、安定収入も対策の一つだ。ホーチミン市12区の包装材メーカーではこの3年、労働力の大きな変動はない。同社では労働者の平均月収が250万ドン(約156ドル)、業績により毎月ボーナスを支給している。経営陣の労働者に対する関心も高く、環境改善などを継続的に行っていることも、労働力の安定につながっている。


(Tuoi Tre/Nguoi Lao Dong)

(2007/02/26 06:47更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 人事・法律・会計・労務 > ベトナム旧正月(テト)明け、工場などで労働者不足 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.