HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

人事・法律・会計・労務

旧正月を前に、ワーカーの残業増える


 年末に向け、各工業団地・輸出加工区内ワーカーの残業時間が増加している。月平均100時間の残業も珍しくなく、日曜以外は毎日午後9~10時まで残業するため、心身ともに疲弊する。めまいで倒れたワーカーも、回復後は引き続き作業を強いられるとの情報もある。

 残業最多といわれるホーチミン市Linh Trung 1輸出加工区。ある縫製工場に勤めるHさんは、1カ月の休日は日曜日2回だけ、子供の寝顔を見ながら出勤、帰宅時には子供はすでに就寝しているような毎日だ。だが残業なしの月給は80万~100万ドン(約50~63ドル)と低く、120万~150万ドン(約75~94ドル)の給料を得るため残業も厭わない。

 年末は病院で受診するワーカーが増える時期でもある。ホーチミン市輸出加工区・工業団地管理委員会(Hepza)は、ワーカーの健康に配慮する企業もあるものの、利益追求一辺倒の企業も一部にあると話す。Binh Duong省Song Than工業団地のDuy Hung製靴社では、急遽ワーカーらに製品出荷のため日曜出勤が命じられた。だが午後8時まで残業を要求されたため2工場で数百人がストを決行した。

 ホーチミン市労働連盟によると、企業は通常、受注が比較的少ない上半期には、ワーカーを休ませるなどしている。だが年末には受注が急増するため、残業が増える。実際は、▽低月給の埋め合わせ、▽帰省、▽テト(旧正月)の準備などを理由に、ワーカーが進んで残業をするケースがほとんどだそうだが、半ば強制的に残業させる企業が少なくないことも問題化している。

(Tuoi Tre)

(2007/01/02 12:33更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 人事・法律・会計・労務 > 旧正月を前に、ワーカーの残業増える 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.