HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

価格急騰、ベトナム最新お墓事情


身近な人の死は苦難の墓地探しの始まりをも意味する。昨今ベトナムでは、土地不足から墓地市場は静かに熱を帯びている。

 墓地探しをしていると、Go Dua(ホーチミン市)には空きがないが、周辺地域なら見つかるかもしれないと知人が言う。そこは北部出身者、またはやむを得ない理由がある人にだけ土地を売るらしい。
サインを知人に頼み、申請書を書いて訪ねると、販売担当者は、墓地管理者用の土地しか残っておらず、売る場所はないとの一点張り。そこでHoc Mon県のHoang Phap寺に向かうと、寺の近くの広大な墓地が目に入った。期待に胸躍らせて寺務所で尋ねると、「2年前に完売しました」

 次にCau May寺に行った。墓地に座っていた男性に聞くと、まだ土地があるとの答えだ。草むす「路地」を進んだ先で、男性は両脇に墓が立つ狭い空き地を示し、3,000万ドン(約1,875ドル)と言う。土地の広さも不明な上、埋葬するにも道が分からないため断った。

 男性と別れて帰ろうとするとまた別の男性が現れ、墓の土地かと聞く。男性はさらに、あそこは人が埋葬されていた場所で不吉だから「新都市」がよいと言う。「新都市」とは、1区画が1.6m×2.4mに整えられ、Phu My Hung新都市のように美しく、同じ規格の墓が並ぶところだ。

「新都市」の墓はみな大きな道に面しているため、「路地」を通る必要はない。区画は数センチの瓦で囲われ、所有者名が刻まれている。以前は400万~500万ドン(約250~313ドル)で販売されていたそうだが、購入者が外国へ行くことになり、5,000万ドン(約3,125ドル)で売りに出しているという。高値の理由を男性は、今はもう土地が残っていないためと説明した。ちなみにこの地域の「この世の人」向けの土地は、1m2あたり200万ドン(約125ドル)だが、買い手はあまりないらしい。

 Hoc Mon県を後にし、安い場所はないものかと、もうすぐ立ち退き対象になるBinh Hung Hoa地区に行った。だが途中の寺で会った僧侶が言うには、細い道の区画が約3,000万ドン(約1,875ドル)、大きな道に面した土地は、去年6,000万ドン(約3,750ドル)だったのが、今年は7,000万~8,000万ドン(約4,380~5,000ドル)に上昇したとのこと。同僚も、去年3,000万ドンで墓地を買ったが、今年そこは4,500万ドン(約2,800ドル)に上昇していると話す。

 Hoc Mon県に戻り、国道22号沿いの小さな寺院に着いた。ここの墓は住宅エリアから広がり、小さいが清潔だ。応対してくれた中年の地主は、残っている土地は少なく、値段は1,500万ドン(約940ドル)、立ち退き対象になる恐れもないと言う。さらに続けて、「誰のお墓ですか? もう亡くなりましたか?」と聞く。重病の身内のためだと答えると、「ここは亡くなった人だけに売っているんですよ」と言う。身内が末期ガンで先が長くない、どうにかならないかと頼むと、地主はしばし考え、内金を入れ1カ月以内に亡くなれば契約し、亡くならなければ内金を返すと提案してきた。土地を買った後に埋葬せず、他に転売しても良いか聞くと、「使わないのなら返してもらいます。ここは亡くなった人のための土地で、生きている人が売買するためではありません」と言われた。土地を見せてもらったところそれは門の角だった。内側から外に順番に売っているそうで、墓地の維持費は毎月5万ドン(約3ドル)かかるそうだ。 

ホーチミン市では年平均2万5,000人が死亡しているが、火葬は全体の5分の1に過ぎない。墓一基に土地3m2を要するとして、死者全員が墓を立てた場合、新たに6haが必要になる。死者の数に反比例して土地は減る――墓地不足は加速する一方だ。

(Thanh Nien)

(2006/10/19 06:11更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > 価格急騰、ベトナム最新お墓事情 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.