HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

不動産業界が停滞、急増する高利貸し


 ホーチミン市Tan Binh区に住むTさんは、住宅を購入、それを担保に銀行から再び借金し、また住宅を購入するということを繰り返し7軒の住宅を購入した。彼自身が支払った金額はわずかで、大半は銀行からの借り入れだった。

住宅の販売広告を出し、購入者が現れるまでは利息分の支払いのために貸家にしていたが、結局購入した家は借金の返済期限が近づいても売れなかったため、銀行の返済に充てるために1日あたり1%(月利30%)という利息で高利貸しから借金することにした。

この高利貸しの利息は3~5日後の返済で1日あたり0.7~0.8%、借り入れ日数によって利息は変わるが最低でも1日あたり0.4%となっている。現在、利息は日毎に増えるばかりで、来年までに家の買い手が見つからなければ、利息だけでも膨大な額になるという。

 この半年間で高利貸しが急増した背景には不動産取引の停滞がある。ある住宅プロジェクトの投資主は、「今月売却できた土地は100区画中わずか数区画です。銀行に支払う利息は毎月数千万ドンにもなり、とても元金は返済できません」と嘆く。7月末で銀行からの融資契約が打ち切られたため、同社は1日あたりの利息が0.7%という高利貸しに頼らざるを得なくなった。

 高利貸しから金を借り、銀行からの借金を全て返済した上で、銀行と新たな借り入れ契約を交わすこともできるが、銀行側が契約に応じない場合もある。不動産業界が停滞を続ける現在の状況で、高利貸しを利用すれば更に借金が膨らむ危険性が高い。

(Tuoi Tre)

(2005/08/26 11:00更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > 不動産業界が停滞、急増する高利貸し 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.