HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

AC Nielsen、ベトナム人の消費行動を分析


 カナダ商工会議所(CanCham)とAC Nielsen社が共催した「拡大するベトナム消費者需要」と題するフォーラムで、ベトナム新世代消費者の3つの特徴“収入は増えるが支出も多い”、“商品に対する理解が深い”、“生活レベルの向上”が確認された。

 AC Nielsen社では、ベトナム消費者を対象とした多数の調査を行っているが、そのうち「ベトナムの若年層の消費傾向調査」と「36省・市120万の小売業者の主要40品目調査」は数年間継続して行われている。

それによるとホーチミン市内で月収が300万ドン(約200ドル)を超える家庭は63%に上り、2002年と比べ36%も増加している。収入増に伴い支出も増加しており、1996年の調査では一カ月に100万ドン(約66ドル)以上支出するという家庭はわずか16%しかなかったが、現在では40%に達している。また消費者は商品に関する知識を深め、慎重に品定めするようになっているため、メーカーは顧客ターゲットの明確化、営業戦略、消費者ニーズの正確な把握などに迫られている。

 フォーラムでは、ホーチミン市の若年層(16~24歳)が“サイゴンの若者”と“伝統的保守派”の2グループに分類できると発表された。“サイゴンの若者”は21%を占め、バーやカフェにたむろし、海外の流行に飛びつき、自己表現を大切にするグループで、2005年ベトナム消費者の主役ともいえる。しかし多数派を占める“伝統的保守派”もブランド企業にとっては潜在的な顧客といえる。

また、世界貿易機関(WTO)への加盟は企業家にとって大きなチャンスとなるだろう。2005年2月のAC Nielsen Ommibus社の資料によると、ハノイ市とホーチミン市でインタビューを受けた消費者の98%がWTO加盟はベトナム経済にとって好ましいと回答し、その半数は加盟が市場拡大に貢献し、経済発展を促進すると考えている。

アジア太平洋地域担当のPeter Gale氏は、「多数の大手外国企業にとってベトナムは新しい市場です。大手小売Dairy Farm、Tesco、Carrefourなどがベトナムへ進出する予定です」と語った。

(Tuoi Tre)

(2005/08/09 10:10更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > AC Nielsen、ベトナム人の消費行動を分析 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.