HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

社会とトレンド

高い潜在力を持つ、ベトナムのファーストフード業界


 人口8,000万人のうち65%が35歳以下で、2005年の経済成長率8.5%の達成も視野に入れているベトナムは、現在ファーストフード業界にとって魅力的な市場だ。

 市場調査会社AC Nielsenによると、ベトナムは月に1~3回ファーストフード店に行く人口が、僅か8%程度の若い市場だという。人口の70%以上が月に1度は利用するというタイ・マレーシア・中国・インドといった近隣諸国と比べ、ベトナム人のファーストフード利用頻度は非常に少ない。人口の約9割がファーストフードに馴染みが薄いというこの状況は、今後開拓の可能性が大きい市場ともいえる。

 ベトナムで事業展開を行うJollibeeグループのLeo Maglasangマネージャーは、「ベトナム市場には大きな潜在力があり、今後大きく発展すると考えています。今後弊社は全国展開を目指し、数百万ドルかけて、スタッフ養成クラスの開設や、ベトナム人スタッフの海外研修などを行います」と話す。

 KFC、Lotteria、Jollibee、Chicken Town、Manhattanなどの有名ファーストフードチェーン店は、現在ベトナム全国で27店舗が営業しているのみだ。フライドチキン、サンドウィッチ、フライドポテトと炭酸飲料を販売するKFC、Lotteria、Jollibeeが現時点では勝ち組で、これらの店には1日平均200~300人、多い時には400~1,000人以上の顧客が訪れている。

 ホーチミン市のNguyen Trai通りに、Chicken Texasという最初のファーストフード店が1994年にオープンしてからこれまで、ベトナムでは現地の食習慣を取り入れた西洋・アジア折衷のファーストフード店が展開されてきた。

 Jollibeeはハンバーガー、フライドチキン、ポテトサラダに加え、ケイジャン風ご飯、キャベツやミニコーンのサラダなどを販売し、ファーストフードに地域の食習慣を上手く融和させてきた。他店では、セルフサービスを止め、スタッフが客のテーブルまで品物を運ぶシステムを取り入れるところもある。しかしこれでは、15秒でセットメニューを受け取れるという“ファーストフード”らしさは失われてしまう。

 各店のマネージャーたちからは、他のアジア諸国に比べ、ベトナムでの普及が遅い一因として、人々の交通手段がバイクであるため、運転しながらファーストフードを食べることが難しいからではないか、という意見も聞かれた。

(Sai Gon Tiep Thi)

(2005/06/03 04:54更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 社会とトレンド > 高い潜在力を持つ、ベトナムのファーストフード業界 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.