HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

事件と出来事

ダナン竏駐結條ヤ直行便、2008年まで延期


 ベトナム航空は交通運輸省に、Da Nang竏駐結條ヤの運航を2008年まで見合わせる旨の文書を送付した。これについてDa Nang市代表のHuynh Van Chinh議員は国会で、Da Nang経由で中部を訪れるビジネス客や観光客が日増しに増加する中、この運航延期は遺憾であると発言した。同市に行くためにハノイまたはホーチミン市を経由しなければならないことが訪問客の悩みの種となっており、中部の旅行業界も失望を隠せない。Da Nang観光局のLuong Minh Sam局長は、Pacific Airlines、FAT、PB Air、Siem Reap Airways各社がDa Nang発の国際便を運航している実績を強調した。また政府も、ベトナム航空に対し今後の慎重な対応を求めている。4月23日、Vu Khoan副首相は交通運輸省、ベトナム民間航空局、およびベトナム航空に対し、同路線の就航に向けた再調査を早急に実施するよう再度指導した。しかし、ベトナム航空は最新の報告書の中で、中部を訪れる日本人客は限られており、「Da Nang竏駐結條ヤの路線運航を早期に開始すれば、日本人客は現在のようにホーチミン市やハノイを訪れることなく、Da Nang市からカンボジアのシェムリアップに向かうだろう」との見解を明らかにした。
 Luong Minh Sam局長は、ベトナム航空の見解が正しいとすれば「中部やDa Nang市は国内開発において永久に取り残されてしまうだろう」という。また、「なぜベトナム航空は、この路線が軌道に乗るまで一定期間の補償を政府に求めないのでしょう」と疑問を投げかける。
 この問題について、日系旅行会社APEXのNishina Katsuhiko代表取締役は、「昨年ベトナムを訪れた日本人は28万人で、うち弊社が手配した観光客は5万人に上りました。今年は、鳥インフルエンザの影響で観光客数は減少していますが、来年には再び増加すると思われます。Da Nang竏駐結條ヤの就航が2008年というのは遅すぎます。個人的には、来年の開始が最もふさわしいと考えています。天然資源や世界文化遺産に恵まれた中部は、多くの日本人観光客を魅了しています。Hai Van峠トンネルが来年開通することによって、有形・無形文化遺産を訪れる観光客はDa Nang市からQuang Binh省への移動時間が短縮されます。中部に優良なホテルがあることも日本人観光客やビジネス客の需要に応えるのに十分だと言えるでしょう。客足の悪さを心配する必要は無いと思います」と述べた。

(Thanh Nien)

(2004/08/30 01:22更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 事件と出来事 > ダナン竏駐結條ヤ直行便、2008年まで延期 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.