HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

【記者会見詳報】ベトナム海域で中国の違法石油開発・挑発行為


 5月7日、ベトナム海域での中国の違法な石油プラットフォーム設置について、ベトナム関係機関の担当者が記者会見した。

VietNamNet: 両国はなぜ、最高指導者間で電話会談しないのでしょう? ベトナムはこの問題について各国と意見交換しているのでしょうか? この数日のベトナムの外交努力を見ていますと、中国に交渉の席に着くことを呼びかけているようですが、中国がベトナムの正当な要求に応じない場合、ベトナムはどのようなシナリオを考えているのでしょうか? 国交断絶、報復する同様の行動などを考慮しているのでしょうか?

Tran Duy Hai氏(国境委員会副主任): まず、私たちはすでに、両国外務省間、副首相、外務大臣のホットラインを使用しています。中国側にも首脳による電話会談の用意があると伝えており、中国側からの返答を待っているところです。

 南シナ海の平和や安定、航行の安全保障に脅威となることなど、問題の深刻さから、すでにASEAN諸国や、関心を持ち、この地域で利益を持つ関係諸国に通知しています。ほとんどの国が、中国の行動に懸念を示しています。

 主権は我が国にとって非常に神聖なもので、必要なあらゆる手段を講じて、私たちの権利、利益を守ります。ベトナムの一貫した姿勢は、平和的手段を通して紛争を解決するというものです。ねばり強く紛争を解決していきます。

NHK: 中国は本当にベトナムの海底で掘削を行なっているのでしょうか? 中国がベトナム海域から撤退しなければ、ベトナムはどのような行動を?

Ngo Ngoc Thu氏(海洋警察参謀長、副司令官): これまでにプラットフォーム「HD-981」は地図上で確定された場所に設置され、掘削に向けた準備作業がなされています。

 申し上げたようにベトナムは、平和的手段で紛争を解決する方針です。現在、そしてこれからも、ねばり強く中国側と交渉し、南シナ海の問題を処理したいと思っています。

再度申し上げますが、南シナ海での私たちの正当な権利、利益のために私たちは、海洋法、国際法、国連憲章で定められているあらゆる平和的手段を用いて、ベトナムの権利、利益を守っていきます。

Tuoi Tre: 中国がプラットフォームをベトナムの大陸棚に持ち込むのはこれが初めてではありません。ベトナムは、今後の中国の同様の行動を防ぐために、どのような措置を?

Tran Duy Hai氏: 中国はこれまでに何度もこの地域で探査し、私たちが断固戦ったことで、中国は引き揚げています。中国が、外国業者のプラットフォームを雇って、ベトナム海上で探査掘削しようとしたこともありました。しかし私たちが断固戦い、外国業者に面会するなどしたため、掘削は行なわれませんでした。中国が、中国が製造したプラットフォームを用いて、ベトナムの大陸棚で掘削を行なうのはこれが初めてです。何度も申し上げた通り、私たちは引き続き、あらゆる手段を用いて戦い、南シナ海の権利と利益を守ります。私たちは平和的な手段を用い、まずは交渉、協議を進めます。

Tuoi Tre: 中国の行動による、南シナ海行動宣言(DOC)の実行や、行動規範(COC)の交渉への影響は?

Le Hai Binh氏(外務報道官): 南シナ海で起きている複雑な情勢が、南シナ海の紛争処理におけるDOCの役割に様々な課題を与えています。そのためベトナムは関係国に、地域の平和、安定、発展のためにDOCの規定を徹底して遵守すべきだと呼びかけています。

 COCについてベトナムは、南シナ海の紛争に関するあらゆる局面を全面的に調整し、法的拘束力を持つCOCを早期に策定すべきというASEAN共通の考えを共有しています。

VnExpress: 中国が撤退しなければ、海軍また漁業監視隊はどのような行動を?

Ngo Ngoc Thu氏: ベトナム海軍はまだ参加しておらず、HD-981がある区域に姿を見せていません。中国のプラットフォームの移動については、しっかりと監視していました。

 国連海洋法条約に基づき、船舶や浮体構造物は、排他的経済水域を移動する権利があり、プラットフォームが設置され、探査採掘が行なわれて初めて、主権、主権的権利を持つ国の法律に違反したことになります。

 中国の、ベトナムの排他的経済水域内でのプラットフォーム設置に私たちは、地域の平和、安定の保障、南シナ海の航行の安全保障の精神から断固戦います。

AP通信: 中国の船舶がベトナムの船舶に体当たりしてきたように見受けられます。ベトナムの船舶は、自船を守るため中国の船舶に体当たりしましたか?

Ngo Ngoc Thu氏: 中国は体当たりし、ベトナムの船に放水するなどしていますが、今のところ海上で死者は出ていません。ベトナムの漁業監視員6人が、割れたガラスで負傷した程度です。しかし映像をご覧頂いたように、中国海警の船、護衛艦はベトナムの船に体当たりし、ベトナムの装備を破壊しています。

 これまで、海洋警察も漁業監視隊も極力自制しています。私たちは引き続き海にとどまり、あらゆる問題を解決していきます。しかしいかなる我慢にも限界があります。今後も体当たりしてくるなら、私たちも報復に同様の自衛を行ないます。

ドイツ通信社: 国際裁判所に中国を提訴したフィリピンに、ベトナムも倣いますか?

Tran Duy Hai氏: ベトナムの権利と利益を守るために、あらゆる平和的手段を使うことができます。ベトナムの一貫的な考えとしては平和的な解決方法をとり、そのなかで近隣諸国との紛争の解決は交渉、協議を優先します。ただ、平和を守るために、いかなる手段も除外することはありません。

Phap Luat TP.HCM: 中国がプラットフォームを設置した場所は、商業的な潜在力があるのでしょうか? 中国にとっての開発の可能性、またベトナムにとってはどうでしょうか?

Do Van Hau氏(Petro Vietnam社長): 中国が違法にプラットフォームを設置した場所は、Tri Ton島(Hoang Sa諸島[パラセル諸島]に属する島)から南に30km、Ly Son島(Quang Ngai省)から東に約180海里の場所にあります。このエリアの水深は平均1,000mほどです。

 このエリアの石油・ガスの可能性ですが、ベトナムは何度も調査しています。ベトナム共和国時代の1972年には、米国の企業に依頼して、地震探査を行なっています。Petro Vietnamの研究では、石油・ガスの可能性はまだしっかりと評価されていません。水深が深い地域ですので、掘削も行なっていません。私たちは、この地域を掘削する設備を持っていません。石油開発は、もう少し浅い地域に集中しています。

 石油・ガスを開発するには様々な固定施設を建設し、さらに調査しなけなならず、資金がより多く要求され、難しいものになります。ただ、近い将来この区域で開発が行なえるようになるとは思っていません。

Lao Dong: 中国の行動は国際社会に非難されています。米国務省報道官は「挑発」行動だとしています。今後のASEAN首脳会議で、この深刻な事件を議論に持ち込みますか?

Tran Duy Hai氏: 主権や領土は各民族にとって神聖なもので、ベトナムも同じです。そのため私たちは、私たちの権利、利益を守るために国連憲章で定められているあらゆる手段を用います。

 私たちは、この問題は非常にデリケートで、非常に危険で、南シナ海の平和、安定、航行の安全保障に脅威をもたらすものだと述べています。ASEANの会議では常に南シナ海問題が協議されており、この問題も確実に、今後の会議で話し合われることになります。

Thanh Nien: 昨日(6日)のPham Binh Minh副首相・外務大臣と楊潔篪国務委員との電話会談では、どんな話があったのでしょう?

Tran Duy Hai氏: 中国側は、南シナ海における中国の立場を繰り返し、プラットフォームHD-981が活動している区域は中国の主権に属すると主張しています。しかしMinh副首相は、これを受け入れず、私たちのHoang Sa諸島における主権、海域における主権的権利、管轄権を主張しています。私たちは、船舶またこのプラットフォームの活動が違反であり、ベトナム海域を侵犯するものだと強調し、断固抗議しています。

AFP通信: 中国側は、今朝(5月7日)、ベトナムの武装組織に中国の漁師が拘束されたと発表しています。

Ngo Ngoc Thu氏: 現在、ベトナムの法律執行機関が海上で中国の対象を拘束した事実はありません。

VTC 10: これまで中国は何度もHoang Sa諸島でベトナムの漁船を拿捕し、漁師を負傷させています。ベトナム政府は賠償を請求していますが、賠償はなされたのでしょうか? 今回の事件でベトナムの漁業監視員が負傷し、損害も出ていますが、どのように中国に賠償させていくのでしょうか?

Tran Duy Hai氏: これまで私たちはベトナムの正当な利益を守るために外交ルートを通じて戦ってきました。

 私たちは常に中国側に、漁船拿捕を中止し、漁師に損害を賠償するよう求めています。今回の事件でも私たちはすでに、衝突で生じた損害の賠償を中国に求めています。

(Tuoi Tre/Nguoi Lao Dong/Phap Luat)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週6回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2014/05/09 03:35更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[コラムベトナムの農業で活用されるソーラー発電(04/24)
[政治・経済 中国人民元の切り下げ、ベトナムへの影響(11/12)
[クローズアップベトナム最新情報4746号 目次(11/12)
[人事・法律・会計・労務外国人に対するビザの改正・法制化を提案(11/11)
[クローズアップベトナム最新情報4745号 目次(11/11)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 【記者会見詳報】ベトナム海域で中国の違法石油開発・挑発行為 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2020 HOTNAM! All rights reserved.