HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

年俸100万ドル、明日ゼロになる可能性もある銀行CEO


 全国には50を超える商業銀行があり、CEO、最高経営責任者もそれと同じ数がいる。きちんとした調査はないが、銀行CEOが、ベトナムで最も稼いでいる、というのは間違いなさそうだ。なかには、年200億ドン(約100万ドル)もの報酬を得ている人もいるという。

■年俸150万ドルを拒否するCEO

 ヘッドハンティング市場では昨年なかば、設立数年の銀行Lの取締役会が、業界で最も優秀なCEO 2人のうち1人を、年俸150万ドルで引き抜こうとしたことが話題になった。同行副会長は筆者に対し、「確かに150万ドルを出す準備はあったが、最終的には断られた」と認める。

 この理由について同氏は、示した報酬は、いまそのCEOが得ている3~4倍はあっただろうが、規模や影響力、社会的地位また株式報酬、プロジェクトへの参加といった付加価値のあるほかの利益が、比べ物にならなかったのだろうと分析する。ただ打診を受けたCEOは、「雇われるなら外国銀行で働きたい。ベトナムの銀行はない」と言う。

 ヘッドハンティングに失敗した銀行は結局、自行にいた人間を昇格させた。経営方針は基本的に、取締役会で決める。むろん、昇格したCEOの報酬は、彼が国営銀行の副頭取をしていた頃を、やや上回る程度である。

 基本的に、国営の商業銀行を除き、銀行CEOの報酬が公開されることはなく、銀行オーナーとの合意による。現時点の取材で、国内民間株式銀行のCEOの報酬は、大きく3つにわかれる。トップはT銀行CEOの年100万ドル、次の水準が、こちらも優秀で有名なCEOらの月2~3万ドル、そして最も一般的な水準が、月1万ドルである。ほか、知名度の低い小規模銀行でも、経営者の収入は月数千万~1億ドン程度ある。

 ただ、業界に詳しい人によると、この報酬は各CEOの収入の一部にすぎず、株式やストックオプションなど、小さくない部分を考慮しなければならない。また合意の報酬以外に銀行オーナーは、毎年銀行が得た利益を配分する形でボーナスを出している。

■カネは使うひまがない

 銀行にとってCEOは極めて重要な立場である。銀行オーナーは、優秀な経営者が、日々の金銭の問題に頭を悩ませ、経営に何か問題が起きることを恐れている。報酬が高いのは、心理的に安定させるひとつの方法だ。しかし、その給料に応じて、要求も厳しくなる。

 「CEOになったからには、肉体的にも、精神的にも、銀行と寝食をともにしなければならない。早朝出勤、深夜帰宅は当たり前。市場が緊張している時には、家に帰っても金利の動き、資金がどう不足して、企業にどんな困難があるのかといったニュースを見なければならない。常に資金や金利、サービス競争、顧客の緊張に悩まされている」とある銀行の経営者は言う。情報収集に秘書を使わない理由について同氏は、翌日に銀行に行き、すぐに正確に決定を下すためには、自分のその目、その手で情報に触れなければ安心できないのだという。これ以外にも、銀行職員のモラルやセキュリティの問題など、気にかけなければならない問題は、山のようにある。

 CEOという役職のプレッシャーについて、月数億ドンの報酬を得ているある銀行頭取は、「カネを使うひまがないほどだ」と言う。

 「会議、会議、食べるのも寝るのも飛行機のなか。頭はいつも利益のことばかり。先日上半期業績がまとまり、目標を達成していたのでようやく一息つけた」。同氏によると、銀行経営はひとつの業であり、惹き込まれたら、途中でやめることはできないという。

 ただこう言う人もいる。「給料で豊かになったと思って欲しくない。毎月の給料は、子供を学校に通わせたり、家のこと、行き来する自動車への支出を賄うだけでしかないからだ」。その彼によると、銀行CEOの大半は、マネートレーディングに熱意を持っている。自分に利益をもたらすだけでなく、知名度をあげ、ブランドを確立するというより高い方向を向いている。銀行分野について、財務省銀行財政局のPham Phan Dung元局長は、「経済分野で最も難しい分野であり、最も複雑な分野といえるだろう。優秀な銀行CEOを探すのは、極めて難しい」と言う。

 経済が厳しい状況にあり、さらには利益圧力、不良債権の不安もあり、特に小規模銀行を中心に、CEOが現在のように疲れを感じたことはないだろう。「いくら上手く経営していても、ひとつ不良債権になるだけで、すぐにその職を追われるかもしれない」と先の銀行頭取は話す。

 先日の非生産向けの融資を全体の22%に落とすという規定、さらに業績があがらないことで、途中で船頭を交代するオーナーは多いと見られる。才能があり、その銀行に大きな株を持っている、限られたCEOを除き、ほとんどの人は、いくらCEOであろうとも雇われは雇われ。「お疲れ様」といつ肩を叩かれても、不思議ではないのである。

(Tien Phong)


※『ベトナムニュース The Watch』のご案内※

 ベトナムニュース The Watch は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。

 当社はEメール配信による速効性(週4回)、週報(ベトナム国内のみ)による情報の保存性を重視し、各進出日系企業及びベトナム進出を検討されている企業の皆様の業務に役立つ本格的な情報提供を行っております。

 詳細は『ベトナムニュース The Watch』(http://www.thewatch.com/)をご覧下さい。

(2011/07/30 03:27更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > 年俸100万ドル、明日ゼロになる可能性もある銀行CEO 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.