Warning: session_start() [function.session-start]: open(/var/tmp//sess_861cb97524114354385d2392fcbb18a3, O_RDWR) failed: Permission denied (13) in /home/hotnam/public/www/Hotnam_utf/include/config.php on line 3

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hotnam/public/www/Hotnam_utf/include/config.php:3) in /home/hotnam/public/www/Hotnam_utf/include/config.php on line 3

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hotnam/public/www/Hotnam_utf/include/config.php:3) in /home/hotnam/public/www/Hotnam_utf/include/config.php on line 3
ベトナム:予想を2倍上回ったCPI上昇率、総括的考察を - HOTNAM!ベトナム最新情報
HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
事件と出来事
投資・進出
統計情報
法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

ベトナム:予想を2倍上回ったCPI上昇率、総括的考察を

 7月の消費者物価指数(CPI)上昇率は前月比0.94%で今年最高の上昇率、年初からこれまでの上昇率は6.19%で予想の6%を上回った。また6月のCPI上昇率も予想を2倍上回る0.85%。8,400万人超の国民の衣食に直結する事柄について、総括的に考察してみよう。

 まず、発展水準の低い国にとって、現在低価格の品目が国際価格に追いつくよう上昇することは避けられない。したがって、発展水準の高い国ほどインフレ率は低く、逆に発展水準が低い国は高いというのは、当然のことである。

 購買力平価(PPP)換算した国民総所得(GNI)は、富裕国で減少、貧困国で増加する。例えば、2005年のひとり当たりGNIが5万8,050ドルで最も高かったルクセンブルグはPPP換算すると16.11%減の4万8,700ドル、アメリカは同4万3,569ドル→4万2,000ドル(3.58%減)。ベトナムは620ドル→3,000ドル(383.87%増)、中国1,740ドル→6,790ドル(290.23%増)となる。

 これらの数字が意味するのは、発展や世界経済への参入過程で、貧しい国々は消費者物価を上げるための小さくない「貯金」を持っており、ベトナムも例外でないということだ。

 またこの3年半の間、国際的な原料価格高騰が続いている。国際通貨基金(IMF)の資料によると、2003年の国際原料価格平均指数は119.7ポイント(1995年=100)だったが、その後3年は151.5ポイント(前年比26.57%増)、195.7ポイント(同29.17%増)、238.6ポイント(同21.92%増)となり、今年は年初こそ落ち着きをみせたが5カ月では255.9ポイント(1月と比べ17.1%増)となった。国際原料の47.8%を占めるエネルギー価格は295.8ポイントから352.9ポイントへ(19.3%上昇)、52.2%を占める非石油系原料の指数は147.9ポイントから166.9ポイント(12.8%上昇)となった。このほか国内市場では、各種ニーズの上昇により、価格が引き上げられている。

 こうしたことから、この3年間の国際価格高騰にあって、我が国のインフレも以前より深刻なものになった。だがそれでも、同等の発展水準にある他国と比べ状況は良いほうだ。

 2001~03年のインフレ率は年2.60%、GDP成長率は年7.10%、インフレ率は成長率の0.37倍、一方最近3年間のこの数字は8.15%:8.13%=1.00倍、2001~06年は5.33%:7.62%=0.70倍となっている。

 我が国と同等の発展水準にある国は、いずれも国際原料価格高騰のあおりを受けている。
前述のとおり国際原料価格が安定していたベトナムの2001~03年のインフレ率は成長率の0.37倍で、カンボジアの0.21倍より高く、グルジアの0.53倍より低かった。だが2004~06年の世界原料価格高騰によりカンボジアは0.44倍、グルジアは0.95倍に上昇、我が国は1.00倍だった。これは、輸出入時の経済開放度に関係がある。

 年初6カ月の主要輸入原料13品目についての統計では、輸入額上昇率27.39%のうち、量の増加によるものは10.62%、価格上昇によるものが15.16%だった。国際原料価格高騰は、我が国の輸入額増の大きな原因である。輸入品目のうち原料が65~70%を占めるという状況では、国際原料価格高騰の影響をもろに受け、消費者物価が上がるのは当然だ。上がらなければ生産企業が倒産に陥るだろう。

 2007年は間違いなく、高インフレが続く4年目となり、これは心配に値することだ。しかし総じて言えることは我が国の経済はまだ強く発展しており、発展水準が同程度の国々の中で、成長率とインフレがトップにあるということである。

(Thoi Bao Kinh Te Viet Nam/Nguoi Lao Dong)


(2007/07/30 06:41更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[法律・会計・労務外国人に適用される土地に関連する行政手続きが公表(05/15)
[クローズアップベトナム最新情報4296号 目次(05/15)
[事件と出来事ドンナイ省人民委員会の妻が職権乱用、夫の会社に便宜を図る(04/27)
[クローズアップベトナム最新情報4284号 目次(04/27)
[事件と出来事南シナ海で中国船の攻撃を受け、ベトナム漁船が沈没(04/26)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > ベトナム:予想を2倍上回ったCPI上昇率、総括的考察を 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©2000-2009 HOTNAM! All rights reserved.


Warning: Unknown: open(/var/tmp//sess_861cb97524114354385d2392fcbb18a3, O_RDWR) failed: Permission denied (13) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct () in Unknown on line 0