HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

ベトナム戦争孤児、実父と32年ぶりの再会


 2006年7月――ホーチミン市に住むNguyen Minh Thanh氏は、新聞を見て目を疑った。ベトナム戦争終結時の孤児海外移送作戦「Babylift」でカナダに移住したという青年の写真が、若い頃の自分と瓜二つだったからだ。

 事の起こりは30年以上も前。1964年に師範大学を卒業し、教職に就いていたMinh Thanh氏は、当時のサイゴン政権から召集を受け、兵役に就いた。除隊後はまた教壇に戻ったが、当時は混乱の最中、夫妻は3人の息子の命を守るため、彼らをホーチミン市近郊の孤児院に預けた。

「自分たちの命さえも危なかった時代、子供の安全のためには、それ以外に方法がなかった」。それが末息子Thanhとの長い長い別れになろうとは、夢にも思わなかった。

 その後シスターから、息子Thanhが手違いで他の乳児達と共に別の孤児院に送られ、海外に移送されたことを知らされた。その時息子の手首には、出生証明書のコピーが結わえ付けられていたという。2人の上の息子は、年齢制限によりベトナムに残っていた。

 我が子はどこかで生きているのか、それとも死んでしまったのか。墜落した飛行機に乗っていたのではないか……。ありとあらゆる手を尽くしたが、息子の消息を知る手立ては無かった。アメリカにいる親戚や知り合いを頼りに、尋ね人の告知を出したこともあった。

2005年4月、Babylift作戦で海外に移住したベトナム人青年団が訪越した際には、ホテルを訪れ、Thanhの消息を知る者はいないか尋ねようと面会を希望したが、願いは叶わなかった。「何度絶望を味わったか。でも、『何としても息子を見つけ出して欲しい』と言い残して逝った妻のために、あきらめなかった」。

 再会は運命的だった。一つの新聞記事が、70歳近くの老父の心に、もう一度希望の火を灯した。新聞社を訪れ、記事の青年Thanh Campbellに連絡を取ってもらえるよう頼んだ。

新聞社からのメールを受けた青年Thanhも、「何か」を感じた。ベトナムで自分に連絡を取ろうとしている男性は、新聞社にも明かしていない出生証明書のことを知っている。

だが彼の心には、両親がいたのなら、自分は何故孤児院に入れられていたのか――そんな思いが引っかかっていた。30年以上の間、自分はカナダで孤児として暮らしてきた。それが突然間違いで、実の父と2人の兄、そして弟がいるという。

自分の知る生い立ちは、1975年4月、56人の孤児の赤ん坊と共に、サイゴンから軍用機に乗せられ連れて来られたという、養父母が語ってくれた、それが全てだった。

 そんな心のわだかまりをとってくれたのが、「弟」から送られてきた出生証明書のコピーだった。それは、自分がずっと大切に持っていたものと、全く同じだった。自分の人生がこれまでと全く違うものになる予感を胸にした彼は、専門の研究所に親子鑑定を依頼、Minh Thanh氏のサンプルもベトナムから送られ、2006年12月に鑑定が実現した。

 結果を待つ2週間は、時計がその動きを止めてしまったかのように長く感じられた。ベトナムのMinh Thanh氏も、カナダの青年Thanhも、心落ち着く間もなく結果を待った。2007年1月8日、Thanhは研究所から電話を受け取った。Minh Thanh氏は間違いなく自分の父親だった。

電話を介した32年ぶりの親子の再会が実現し、会話は2時間以上に及んだ。Thanhはベトナム語が話せないため、カナダに住む友人が通訳に入った。「息子はたくさんのことを知りたがった。亡くなった母親について、兄弟について、私の健康について……」。Minh Thanh氏は言葉を詰まらせる。

電話を切る直前、Thanhは友人から教わったベトナム語で、こう繰り返した。「お父さん大好き」。Minh Thanh氏の脳裏に、片言の言葉を話しはじめた、2~3歳に成長したThanhの姿が浮かんできた。32年を経てやっと、そのつたない言葉を聞くことができた。

Thanh Campbellが実の父親と再会したニュースは、1975年に同じく海外に移送された「孤児」達に希望の光を与えた。彼らのルーツ探しは、始まったばかりだ。

(Tuoi Tre)

(2007/02/15 03:24更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > ベトナム戦争孤児、実父と32年ぶりの再会 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.