HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
事件と出来事
投資・進出
統計情報
法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(月・水・金・土)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連書籍を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

政治・経済

自動車メーカー各社、苦戦が続いた一年

 ベトナム自動車メーカー協会(VAMA)加盟各社の2006年11カ月の販売台数は、前年同期比1%減の3万4,998台だった。2005年末から、国内メーカーは、関税引き下げによる自動車価格値下がりを期待する消費者に対し、価格引き下げを否定、MercedesやFordは2006年1月、「価格引き下げがあれば差額を返金する」とまで発表していたが、その2カ月後には各社が一斉に値下げに踏み切った。Toyotaは2月、人気車種▽Altis、▽Vios、▽Zaceで価格を引き下げ、続いてFordも▽Focus、▽Mondeo、▽Escapeで500~1,500ドルほど値下げした。

 価格引き下げにもかかわらず2006年5カ月の売上は前年同期比19%ダウン、普通乗用車では62%減となるなど大きく落ち込んだ。中古車の高関税から、国内メーカーの売上は持ち直したが、消費者は世界貿易機関(WTO)加盟による関税引き下げに対する期待感から買い控えが続いたため、各社はキャンペーンを積極的に展開した。9月中旬、Fordは今年3回目となる引き下げを実施(車種により1~11%値下げ)、10月には大キャンペーンを打った。Mekong Autoも普通乗用車や多目的車などで価格を引き下げ、Toyotaはアメリカや中国で人気の新型Camryを従来モデルより低価格で発売した。一方で外国自動車会社が続々と市場参入し、消費者の選択肢は増えている。Nissanは代理店を通じ▽Tiida、▽Pathfinderなどを販売、英Land Rover、仏Peugeotも参入した。

 2006年の大きな変化は、消費者の嗜好が多目的車にシフトした点にある。普通乗用車の対多目的車販売台数は、2003年の1.9倍から2004年は1.3倍、2005年には0.9倍と減少、今年11カ月では、普通乗用車の販売6,015台に対し、多目的車は1万2,969台に上った。多目的車市場では、ToyotaのInnovaがシェアの70%を占めるなど群を抜く。

 背景には、普通乗用車が高価である点や中古車輸入解禁の影響のほか、低燃費で荷物の輸送にも利便性の高い多目的車に対する世界的な評価がある。
販売で先行していたのは▽Toyota(Zace)、▽Mitsubishi(Jolie)、▽Isuzu(Hi-lander)だが、現在は大半のメーカーが多目的車市場に参入、Vidamco(GM-Daewoo)はChevrolet Captivaを12月に販売開始、Mercedesも第3回ベトナムモーターショーでVianoを発表した。

(Doanh Nhan Sai Gon Cuoi Tuan)

(2007/01/06 12:36更新)

ベトナムニュースヘッドライン

[事件と出来事「使えねぇ……」数時間待ちのホーチミン市水上“バス”(12/15)
[クローズアップベトナム最新情報 4182号 目次(12/15)
[政治・経済ハイフォン港での通関、自動化で1分に(12/14)
[クローズアップベトナム最新情報 4181号 目次(12/14)
[政治・経済ホーチミン市内の橋梁を多数改修へ、水路交通の整備で(12/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > 政治・経済 > 自動車メーカー各社、苦戦が続いた一年 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©2000-2009 HOTNAM! All rights reserved.