HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

不公平を糾弾し、子どもに夢を与えた俳優


 ある日、俳優Kim Cuongさん宅で家政婦が突然泣き出した。Kim Cuongさんが理由を聞くと、彼女の小学4年生になる息子が「もう学校に行きたくない」と書き綴った手紙を取り出した。その手紙には、彼は成績最優秀賞として学校からカバンとノート数冊を贈られたが、担任教師が次に表彰された児童の賞品がないからと、彼が受け取るべきカバンを勝手に渡してしまったのだ。彼にしてみれば不公平に納得がいかず、どれだけ頑張って勉強しても意味がないなら、宝くじを売ってお母さんの手助けをしたいと書かれてあった。

 これに腹を立てたKim Cuongさんは学校に電話し校長に面会を申し込んだ。約束の日、その手紙を読んだ校長が担任教師を呼び事情を聞くと、教員は「すいません。考えが浅はかでした。もう一人の児童からカバンを取り返します」と言った。それを聞いたKim Cuongさんが、子どもを余計に傷つけるだけで、教育的配慮に欠けると指摘すると、今度は「申し訳ありません。あのカバンは学校のロゴ入りで数に限りがあるのです。私が他のカバンを買ってプレゼントし直しましょうか?」と言い出した。新しいカバンを買えば済むような話であれば、わざわざ学校に出向いたりしない、大切なのは彼が公平さを実感できることだ。幼い彼が、どれだけ努力しても報われないという考えのまま成長したらどうなるのか? Kim Cuongさんの怒りは頂点に達した。

 数日後、Kim Cuongさんは家政婦から「校長先生が学校のロゴ入りの新しいカバンを我が子に贈ってくれました。息子も喜んで学校に通っています。ありがとうございました」と感謝されたという。子どもの時であれば信頼を回復することもそう難しくはないが、社会に出て不公平な扱いを受けたら容易に水に流せるだろうか。

(Tuoi Tre)

(2005/10/21 10:27更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > 不公平を糾弾し、子どもに夢を与えた俳優 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.