HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

ベトナム人にふるさとの味を提供する食品会社社長


 ベトナムの特産品であるCha(魚や肉の練り製品)を製造するLong Phung社は、カナダおよび米国在住のベトナム人にとって馴染み深いメーカーだ。社長のPham The Longさんはカナダ越僑だが、ベトナムではいつも白いシャツを着て、移動にはバイクタクシーを使う。街行く人は彼が海外で成功した会社経営者だと思いもしないだろう。

 Longさん裕福な家庭に生まれ育った。1967年にPlan Colompo奨学金でカナダのモントリオール工科大学に留学した。しかし、食事が口に合わず毎日苦労した。
Chaが大好物だったが、当時、カナダ在住のベトナム人は少なく、スーパーでも売られていなかった。そこで彼は母親に手紙を書き、Chaを送ってくれるように頼んだ。Chaは日持ちしないため、母親は塩をふんだんに使いChaを作った。厳しいカナダの税関を潜り抜けるためアルミ缶に詰め、服や雑貨などに紛れ込ませて送ってくれた。母親からの小包が届くと、彼はいつもベトナム人の同級生と一緒に分けて食べた。1人分は親指ほどの大きさにしかならなかったが、皆ふるさとの味を懐かしんだ。「Chaはベトナム人の魂です」と力説する彼を、同級生は“ChaのLong君”と呼んだ。

 大学を卒業後、彼はパソコン関連の企業に就職したが、故郷への想いは募るばかりだった。年老いた母親が送ってくれる塩辛いChaのおかげで外国暮らしを続けることができた彼は、他の越僑たちも同じ気持ちではないかと考え、カナダでChaを作ってみようと思い立った。幸運なことに、彼の同級生の中にはハノイやホーチミンの老舗Cha屋の息子がおり、製造法を伝授してもらった。

 Chaを作るためには、解体した時の温度が保たれている肉を使用しなければならないが、カナダでは冷蔵庫で保存された肉しか入手することが出来なかった。さらにChaは手作業で作るものだが、カナダの食品安全基準では認可されなかった。そこで彼はカナダ政府にChaの製造工程を文書で提出し、北米の厳しい安全検査を受けることを約束し、手作業での製造を許可するよう要請した。
政府から許可をもらい製造を始めたが、肉が温かいうちに作業を行わなければならず、多くの人手が必要で生産効率は低かった。こうした方法では工場経営は難しいと判断し、彼はカナダ政府に対し、肉の細胞とたんぱく質を冷凍状態から解体直後と同じ状態に戻す研究を申請し、援助を求めた。そしてカナダ食品開発省から援助を受けた9カ月後に研究は成功した。当時の研究報告書はカナダの各大学において、化学や食品科の教材として活用されている。

 1988年LongさんはカナダのViande Bovin社を買収しLong Phung Food Canada社を設立した。それから間もなく、スーパー跡地1万?を買い取り、米国テキサス州にも工場を設立した。2002年には、ホーチミン市Binh Chanh県Le Minh Xuan工業団地にも工場を設立し、LongさんのChaは、ホーチミン市およびメコンデルタ地域のスーパーや市場に並ぶようになった。Le Minh Xuan工業団地にある工場の内装は全てステンレス製で、HAACP品質管理方式を採用し、全ての工程を自社で行っている。彼は、「海外の越僑には弊社のChaを食べてふるさとの味を懐かしんでもらいたいのです。ベトナムの消費者には安全な食品を提供している自信があります」と述べた。
Chaを製造して18年、彼は大成功を収めた。カナダでは、モントリオール、トロント、バンクーバーなどに住む15万人のベトナム人がLong Phung社のChaを愛好しており、米国では180のスーパーがこの商品を販売している。今後の計画について尋ねると、「水産物や大豆を使った食品も生産し世界中のベトナム人に提供する予定です」と語った。

(Thanh Nien)

(2004/10/27 10:46更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > ベトナム人にふるさとの味を提供する食品会社社長 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2021 HOTNAM! All rights reserved.