HOTNAM!ベトナム最新情報 HOTNAM!トップ | ベトナムニューストップ ベトナムニュース 【The Watch】 ビジネス最新情報

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
 ニュース検索
 ニュースカテゴリー
ニューストップ
政治・経済
投資・進出
日系企業情報
事件と出来事
統計情報
人事・法律・会計・労務
社会とトレンド
コラム
クローズアップ
インタビュー
 TheWatch ニュース
週4回(火・水・木・金)電子メールで最新ベトナムニュースを送付、日系進出企業の定番情報収集メディアとなっています。
定期購読(TheWatch)
 ベトナム関連書籍
ベトナム関係の書籍情報をさらにジャンル別などで細分化し、分かりやすくベトナム関連情報を紹介しているインターネット本屋さんです。
HOTNAM!ベトナム書店

コラム

麻薬中毒者の社会復帰を支援するベトナム企業


 4月20日、ホーチミン市のTran Boi有限会社の工場落成式で、青少年職業訓練第2センターの研修を終了した工員への制服授与式が行われた。
同センターの研修生176人の代表30人は、2年間着た研修生の制服を手に持ちステージ上に整列した後、順番に机に向かい正社員の青い制服に着替えた。
 その後、研修生の代表とTo Ha Tu社長が労働契約書に署名し、正式に工場の社員となった。Hさんは嬉々として「労働契約書にサインするのは生まれて初めてです。17歳の時、麻薬中毒になり、これまでに3度の治療を受けましたが、すべて途中で挫折してしまいました。でも今回は、このセンターで24カ月の研修を終了し、工場で働き給料をもらう正社員になることが出来ました」と語った。Hさんは他の20人の女性従業員と共に工場で袋詰の作業を担当し、40~50万ドン(約27~33ドル)の月給を受け取る。
 プラスチックプレス機を担当するTさんは以前、麻薬を買うために両親に金をせびり、それを使い果たすと盗みを働いた。禁断症状を押さえるための麻薬欲しさに、仏壇の上に供えられていたお菓子を箱ごと盗み、それを売って金に換えたこともあった。うしろめたい気持ちはあったが、薬の誘惑には勝てなかった。「私の人生は滅茶苦茶でした。こうして会社で働けるようになるとは夢にも思いませんでした。過ちを償い、真っ当な道を進む機会を与えてくれたことに心から感謝しています」と語った。
 Tu社長は彼らについて「勤勉で、作業も丁寧です」と話す。6カ月前、70億ドン(約46万6,667ドル)を投じ、更生した麻薬患者の社会復帰を目指した工場の建設を決めた時は非常に不安だった。しかし、彼らの働きぶりを確認し、製品を検査して、自分の判断が間違っていなかったことを確信したという。
 また同日、Trinh Son Thuy有限会社が輸出用の袋、紙、紙銭などの生産工場建設の着工式を行った。工場の投資総額は60億ドン(約40万ドル)で、センターの研修生約300人が雇用される予定だ。Nguyen Viet Thuyenセンター長によると、現在センターには女性240人を含む1,587人の研修生がおり、これまで247人が24カ月以内に社会復帰を果たし、年末までに616人がセンターで研修を終了する予定だ。麻薬中毒患者の社会復帰のきっかけとなる工場へ投資する企業が増えることで、さらに多くの研修生が制服授与式にのぞむことが出来るのだ。

(Phu Nu)

(2004/08/30 10:29更新)

※上記の情報は【ベトナム最新情報】より引用しています。

『ベトナム最新情報』は、ベトナムに投資・進出する日系企業の定番ビジネスニュースです。
詳細は『ベトナム最新情報』をご覧下さい。

ベトナムニュースヘッドライン

[クローズアップベトナム最新情報5084号 目次(07/20)
[コラム 日本人が起業したKAMEREO、ベトナム飲食業界の未来に貢献(07/20)
[日系企業情報日本のイオンが「ベトナムウィーク」、ベトナム産果物を輸入販売(07/19)
[コラムスマートホーム市場、無限の潜在性(07/14)
[日系企業情報日本製品販売チェーン、「PANPAN」が人気(07/13)

HOTNAM!トップ > ベトナムニュース > コラム > 麻薬中毒者の社会復帰を支援するベトナム企業 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2022 HOTNAM! All rights reserved.