HOTNAM!ベトナム最新情報 ベトナムフォーラム HOTNAM!トップ | ベトナムフォーラムトップ  

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
こんにちは、ゲストさん このトピックに返信↓
HOTNAM!トップ > ベトナムフォーラム一覧 > ベトナム旅行について

ベトナム旅行について

 001 投稿者:Hong 投稿日時:2008/09/20 16:11
ベトナム旅行についてのスレッドです。

 042 投稿者: torao 投稿日時:2005/02/15 19:59
Toanさん、ベトナムに行く前に投稿しましたが文字化けして(2回も頑張りました…)諦めてしまったので、事後報告です。

 043 投稿者: torao 投稿日時:2005/02/15 20:00
toraoです


 044 投稿者: torao 投稿日時:2005/02/21 18:24
入りますかね?

 045 投稿者: torao 投稿日時:2005/02/21 19:12
なーんで載らないのでしょう?torao

 046 投稿者: Toan 投稿日時:2005/02/22 09:45
Toanです。
最新の投稿日が2月21日に表示してあるのに、041以降投稿が表示されていませんが、何かおかしくなっていますね??

 047 投稿者: Toan 投稿日時:2005/02/22 15:42

 Toanです。toraoさん、お帰りなさい。

 この掲示板が今大変です。字化けするやらページがおかしくなったり。でもこれはどうでしょうか。行きますかね。
 字化けするかもしれないので、WARDにコピーをとって書き込まなければなりません。長文になると字化けしたら頭にきますね。

 いい旅だったみたいですね。しかも、引ったくり対策もがっちりと。
 
 テトでホーチミンの小生の後任駐在者が帰国してきましたが、『鳥』さんの影響で街中のレストランには鶏料理が一切なくなったと言っていました。東南アジアの鶏肉はブロイラーではないものが多くて、放し飼いのため、非常に身が締まっていておいしいのですが、残念ですね。
 かっては、BSEの影響でホーチミンの日本レストランの焼肉店は姿を消しました。と言うのは、日本から肉を輸入していたのですが、日本でBSE発生と報道されたため、いち早くベトナム政府が日本からの輸入を禁止したために日本人ご用達の焼肉店は廃業を余儀なくさせられたためでした。
 サイゴン川クルーズは『まるで日本の温泉の宴会場ですか縲怐H』といわれるのは、ひょっとしてすし屋の『K-Cafe』の屋形船のディナーだったのではないでしょうか?
 そうしたら確か、1人何十ドルもしたと思いますが。
 また詳しい話を聞かせてください。




 048 投稿者: Toan 投稿日時:2005/02/22 15:45
 
 Hongさんの<001 投稿者:Hong [2pt] 投稿日時:2005/02/22 15:42>は大変な字化けになっていますが、 Hongさん、どうしていますか?
 また書き込んでください。

 049 投稿者: torao 投稿日時:2005/03/09 20:13
Toanさん、ご無沙汰しました。
フォーラムが多少不安だったもので。
このページには、随分前に文字化けした文が載っていますね?
ちょっと一回送ってみよう

 050 投稿者: torao 投稿日時:2005/03/09 20:32
ええと、送れますね!
サイゴン川クルーズのお話からだったと思いますが、電飾の二階建ての舟だったのですが、舞台があってそこで歌手の方が歌っているのですが、最前列の方とかが混じってカラオケ大会のようになっていたので宴会場という表現をしました。
お国柄なのか、日本人は歌わないですね。韓国の方、ベトナムの方は前に出て歌っていました。皆さん、国に強い誇りを持っていますよね。
三日目は、ソン・グーで料理教室だったのですが、これはイマイチでした。
先生が作っているのをほとんど見ているだけでしたので。
しかも、タレや味付けは、まあ当たり前ですが門外不出と…じゃあ何のための教室かと…
まあ、それはよしとして、その前に少し時間があって市場に少し行ってきました!
活気があってとても楽しかった!ガイドさんが一緒に来てくれましたので安心して行動できました!もっと見たかったのですが、時間になり移動。そして、教室の後再度行ってみましたが、もう閉まっていました。やはりテトで。
その後は、エステに行ったのですが、50$でとても満足いくものでした!全身マッサージと顔マッサージと、もう一度体験したい!!そして帰ってまいりました。
帰りの飛行機は関空経由でしたが、大阪の会社の社長さんとお話する機会があり『一期一会』だと大変楽しい時間を過ごすことができました!!
これが、TORAOのベトナム(ホーチミン)旅行記です。
なんとも贅沢な向こうの暮らしには全然触れていないあっという間の旅行でした。
あさりの蒸し物も食べたかったのですが、お腹の余裕と時間の余裕とテトの影響で叶わずでした…
そうだ、屋形舟ですが、料理は食べず『333』だけ飲んだので7$位だったと思います。
では、ToanさんとHongさんのお話楽しみにしていますね!


 051 投稿者:  投稿日時:2005/03/10 13:20

toraoさん、Hongさん、お久しぶりです。
 投稿がなかなかスムーズに行かなくて困りますね。

 サイゴン川クルーズはあの例の電飾の二階建ての舟ですか。楽しいですよね。でも夜だからいいものの昼に船でサイゴン川を行き来しようものなら減滅です。多くのごみが漂っていたり、流れて来たりしています。
 バンコクにも長い期間駐在しましたので泥色の川の水には何の驚きもありませんが、ごみには閉口します。ましてや川底のヘドロは心配です。
 現地の新聞等(現地新聞の抜粋日本語訳をデイリーで有料インターネット配信)によると、大きな工場地帯からの排水で、その近くのサイゴン川、ドンナイ川等の川底では、各種有害物、特に有害重金属の堆積が心配されているようです。そうなると、あのおいしい、青く長い手をもつ川海老は食べられなくなりますが、ハマグリ等の貝類はきれいな海から来るのでしょうから問題ないのでしょうが。
 泥水そのものについては、自然界の活性汚泥法によって排水が無害化されているとの理論が体勢ですが、やはり日本のきれいな川を見慣れている日本人にしてみれば、汚いなーと思うのも仕方ないことですね。
 
 確かに大陸の川は日本のそれと比べると長さがまったく違うわけで、メナム川、メコン川、中国の各大河、ヨーロッパの各大河も、大雨の後の日本の川のようにいつも泥で濁った水がとうとうと流れているわけですから、日本の川が特別なのでしょう。

 内容が何か堅苦しくなってきましたので話題を変えましょう。
 ホーチミンに駐在していた時に、よくカラオケにも行ったものですが、、このカラオケがまた曲者です。
 日本人向けのカラオケは、日本でいうカラオケクラブのような感じですが、値段が日本並かそれ以上の料金です。
 もっとも日本語がしゃべれたり、日本語の歌が歌えたりと特殊能力を備えた若い女性が接待してくれますのでそれなりの料金を払わなければなりませんが、それにしても高料金です。
 それに比べ、会社の現地スタッフともよくカラオケに行ったものですが、料金は十分の一以下の料金です。ただし、英語の歌は沢山有りますが、日本の歌となると数えるほどしかないのは仕方ないことです。
 現地の友人達はみんな歌がうまく、一緒にカラオケに行く場合にはいつも彼らの奥さんもつれてくるように進めていたものですから、十数家族の歌の競演のようになってしまいます。奥さん方もプロ顔負けの歌手気取りです。
 いつぞや中部のフエに行ったことがあります。現地スタッフの実家を訪問したものですから、夕食後は自然にカラオケに繰り出すことになりましたが、みんなうまくもたもたしていると何時までたっても順番が回ってこない状況です。
 町の一角の路地の両側には、20軒以上のカラオケ屋がひしめき、それも軒を連ねている状況でした。いかにカラオケがベトナム人社会の中に浸透しているかがわかります。
 長くなってしまいましたので今日はこのくらいで。


 052 投稿者: Toan 投稿日時:2005/03/10 13:22

 051はToanです。

投稿者名が入りません。やはり何かおかしい。

 053 投稿者: torao 投稿日時:2005/03/13 19:27
toraoです。
Toanさん、フォーラムが大変ですがちゃんと載っているので良かったです!
硬苦しいお話と言われていましたが、私も川に関しては同感です!といいますか、有害物質とかの問題は知りませんでしたので、お教え頂いて良かったです。
そうですか、メコン川、かなり汚いと思いましたがやはり汚染されていたのですね!
日本はやはり綺麗な川、山、空気。綺麗な国です。
最近、親子の殺人事件とかが多いようでモラルや治安はどうなのか?とも思いますが、諸外国から比べると、というか比べようもない位安全な国ですよね?
ホーチミン、というか、一気に近代化するお国は日本が戦後一気に今の日本になったように、自然は破壊されどんどん機械化されていく運命にあるのでしょうか。
私も硬くなってまいりましたね!
Toanさんの、カラオケ話は面白いですね!
私は、31歳なので勿論流行歌を歌いますが、最近になって日本の心の歌といいますか、残していきたい歌をおばあちゃんと歌ったりしています。
例えば、『さくら』『荒城の月』『ふるさと』名曲ではありませんか!日本の心。
綺麗なメロディ。
ただ暗いのが難点ですが。。。。
南国には向かないかと。。
屋形舟で、『プサン港に帰れ』の歌の時は、韓国の方々とても盛り上がっていました。
私も好きな歌だったので、韓国語ではこんなカンジなのかと感慨深かったです。
日本語の歌は、確かダンシングオールナイトを歌っていたように思います。
音程が違っていたのでチェックいれたくなりました。
しかし、ベトナム(南のホーチミンの方々は)新しいもの好きな民族と本に書かれていましたが、本当にそうなんですね!
一昔前に日本で流行っていたカラオケ、そんなに浸透しているとは。
Toanさんも負けないで歌ってください。
あっ、そうだ、ベトナムって結構ムード歌謡曲ですよね!
M&TOIで思いました。
日本でゆうと、『メモリーグラス』のような曲が流行りそうな?
勿論、若い方々の曲は又違いますがね!ダンシングですね!
何だか、かなり長くなりましたので今日はこの辺で。


 054 投稿者: Hong 投稿日時:2005/03/15 22:29
Toanさん、お久しぶりです。Toraoさん、良い旅をされましたね。今朝東南アジアの出張から帰国しました。数日前のベトナムの列車事故には驚きました。タイの新聞には13名が亡くなったとか出てました。
先々週、Saigonでは老舗の歌謡ライブハウスTien To Dongに行ってきました。ロックンローラーLOANおばさんも健在でした。(もう60才近い女性ですが、英語の古い歌を歌わせると最高に上手です) ジュース1杯でねばっていると、目の前に大きなフルーツの盛り皿が...何かの間違えでは?とウエイトレスにいうと「いえいえこれは社長のLienさんからのサービスですよ」との事。これはベトナム人の友人を大切にする気持ちの証明なのか、あるいは私が駐在当時、相当入り浸っていた証拠なのか??

 055 投稿者: Toan 投稿日時:2005/03/16 09:47

 Hongさん、本当にお久しぶりですね。Toraoさん、皆さん、おはようございます。

 Hongさんの書き込みがないのでどこかに行っていらっしゃったのではないかと思っていましたが、やはりお仕事でしたか。

 ベトナムで列車事故があったのですか。日本の新聞に載っていましたかね。新聞はかなり几帳面に読むほうですが、気が付かなかったということは、日本では報道されなかったのかも。
 Hongさん、どのような事故だったのか教えてください。

 ホーチミンの友人からのメールではまったく鶏肉が姿を消しているということですが、好きなものですから寂しい限りですね。
 
 来月、12日から1週間、バンコクに行ってきます。
 ちょうど、13,14,15日がタイ正月のソンクラーン(水かけ祭り)です。ホーチミンには7月に入って行こうと考えていますが、長くホーチミンに駐在しながらアンコールワットに行っていなかったためApexにでも頼んでシェムリアップに2泊くらいしたいと考えています。
 Hongさん、何かアドバイスがあったら教えてください。

 Toraoさん、小生のカラオケ好きは有名だったのですが、最近は症状は軽いものの副鼻腔炎が再発し、歌いづらくなっています。
 それでも、果敢にチャレンジしていますが、いつも師範代は家内です。いきおい、女性の歌が多くなってくるのは致し方ないこと。
 ホーチミンでもよくカラオケに行きましたが、先の報告の通り、現地の友人と行くときは日本の歌を探すのに苦労したわけです。
 カラオケナイトクラブは、ホテル・パステルインの地下に行っていました。そこが30縲怩S0ドルなのです。庶民の1月分の給料を一晩で使うわけですから貪欲に歌いっぱなしです。
 とにかく、バンコクと違ってホーチミンのカラオケに通うと昔の歌がうまくなる???



 056 投稿者: torao 投稿日時:2005/03/17 22:57


 057 投稿者: torao 投稿日時:2005/03/17 23:12
Hongさんお帰りなさい!
フルーツ盛りのお話面白いですね縲怐B
そうですか、ベトナムの方は友人を大切にするのですね!情に厚いお国なのですね!
しかし、駐在されていたということはHongさんもToanさんもベトナム語話せれるんですか?
すごい!!!!
私は、英語習おうかと思いつつも日々が過ぎてゆき、常にno speaking...です。
本当にお恥ずかしい限りです。
ベトナムのガイドの女の子は30歳だったのですが、フランス語英語日本語ベトナム語、約4カ国語勉強というか話せれたんですもの。
やはり勉強ですね。

しかし、Toanさんカラオケが30縲40$って、日本でも高いですよー!
でも夜なら一人3000円位かな?
奥様はどんな歌歌われるのでしょうね?
Toanさんは?
Hongさんのご趣味もお聞かせ下さい!英語の歌がお好きですか?

 058 投稿者:  投稿日時:2005/03/18 14:03
 
 toraoさん、小生のベトナム語はほんの僅かです。
 市場に行って買い物をしたりといった生活に直結したお金の勘定、表情、感情をあらわす場合の感嘆詞等、必要最低限のベトナム語の中でもほんの一握りのベトナム語のみです。

 バンコク駐在2回のうちの最初は、家族を帯同しましたから、使用人等の都合でタイ語を本気で勉強せざるを得なかったために、未だにバンコクの街中ではどうにか生活できますが、難しいシチュエイションの場合は小生のタイ語では通用しないため英語です。
 会社では書類、会議等は当然、全て英語での業務になりますが、たまにはご愛嬌でタイ語で冗談等言い合うのも大切なコミュニケーションでした。
 それでも街中で同じ文言でも発音が違ったためにまったく違う意味に取られ大混乱したり大笑いされたことも多々あります。
 家内なんかは、週1回のペースで2年間も家庭教師をつけたにもかかわらず、小生と同じくらいしか話せないという始末です。

 ベトナム語はタイ語より音声(音調というのか)多く、難しさはタイ語の比ではなかったために、用意していった沢山のベトナム語の教材は書棚に積んだままでしたし、反対にタイ語の方がおかしくなりかけたりしたものですから、ベトナム語はギブアップでした。
 ベトナムではホーチミンに住んで、会社はホーチミンから70km位離れた東部のロンタンという大田舎にある工場団地に通勤していましたが、業務はベトナム語というわけにはいきませんので、業務は英語です。
 若いときから比較的、英語での業務のチャンスがありましたので会社経費と時には自費で長いこと英会話の学校に通いましたが、所詮、日本で日本人の小生がしゃべる英語です。ネイティブな英語というわけにはいきません。いつも垢抜けない、ドン臭い英語をしゃべっていました。
 小生は技術屋ですから、言葉、話術で業務をやっているわけではありませんのでそれですんだのでしょうが。でも会議なんかで下手な英語をしゃべっていると日本からの出張者が同席したような場合には、にわか通訳もしなければならず、彼らにしてみれば英語がぺらぺらと見えるのでしょうか感心することしきり。自分の意思が半分も伝えられない下手な英語なのに。

 やはり英語は少しくらいしゃべるようにしておいた方がいいでしょうね。小生の会社では、海外出張は原則的に通訳はつけませんからTOIECで600点以上を要求されています。会社でも勉強させますが、時間が足りませんから自費で学校に通っている技術屋もいます。
 ただ、小生の経験では、日本人は高学歴ほどプライドが高すぎて人前で自分のつたない英語を話したくないという気持ちが先に立ってしまい、いつまでたっても話せない人が多いのではないでしょうか。
 当面の海外赴任等の切羽詰った目標がないとなかなかものにならないのも事実かも。

 カラオケお宅の小生は、還暦おじさんですから演歌と昔風で言うポップスです。最近のテンポが速くメロディーのないような歌は苦手です。
 家内は演歌から最近の歌まで広いジャンルを持っていますが、やはりテンポの早い歌にチャレンジしては失望することしきりです。


 059 投稿者: Toan 投稿日時:2005/03/18 14:05

058は、Toanです。また投稿者名が入りませんでした。

 060 投稿者: Hong 投稿日時:2005/03/19 21:00
Toanさん、Toraoさん こんばんは!
私はベトナム語は少ししかしゃべれませんが、カラオケで歌う歌は、ほとんどベトナムの歌謡曲です。きっかけという訳ではありませんが、初めてベトナムに住んで、ベトナム語の家庭教師に会話を教えて貰っていたのですが、どうも覚えられなくて「つまらないな」的な事を言うと、「それじゃーベトナムの歌謡曲の練習をして、ベトナム語が好きになるようにしましょう」とかで、半分はベトナム歌謡の練習になったり、本当に駄目な生徒でした。そんな訳で、ベトナムの歌謡曲は大好きで、今でも出張すると、CDの店で「新譜はどんなのがある?」と毎回尋ねて、5縲怩U枚買って帰ります。今回は、ベテランのThanh Lamのニューアルバムと、Le Quyen, Khanh Linh, Pham Thanh Thaoといった比較的新人のアルバムを買いました。最近のMy Tamとかの台頭で、少しトップシンガーの座から下りた感じですが、Phuong Thanhが一番好きな歌手です。趣味の世界に脱線して失礼しました。ここは旅行のトピでしたね?

 061 投稿者: Hong 投稿日時:2005/03/19 21:17
Toraoさんの、御指摘の通り、日本のムード歌謡は受け入れられやすいです。五輪真弓の曲は結構人気がありましたし、色んな日本の古いヒット曲がベトナム語に訳されてカラオケで歌われています。「神田川」がNu Hon Vinh Biet? 「恋人も濡れる街角」がCuoc Tinh Trong Con Mua?とかだった様な気がします。

 062 投稿者:  投稿日時:2005/03/19 23:36
こんばんわ!
わたくし、今日皆様の会話にあるカラオケに友達と行ってまいりました。
友達に用事があり、一時間でしたが楽しい時を過ごして精一杯歌ってまいりました!
Hongさんがちょっと前に投稿していたようなので私も嬉しくなりました。
五輪真弓の『恋人よ』は名曲ですね!
私も大好きです。ベトナムの方も良い歌はわかるのですね。
自分は声が高い方なので低い声の歌手はあまり歌いませんが。。

うーん、歌謡曲でベトナム語を勉強するっていうのはとても素晴らしい方法だと思います。
日本語の歌謡曲でも、曲がついていることにより歌詞が覚えやすくなるものですし、歌詞もわかりやすい、又は流行の言葉が入りますからその国に馴染みやすいんじゃないでしょうか?
日本の歌謡曲でも英語の単語の気になる部分は意味を調べたりしますしね。
ただ私は暗記が苦手なんです。
英語覚えたいんですけど、どうやって覚えたら良いかわからないのです。
やる気がないというのでしょうか?でも駅前留学の『NOVA』とかで果たしてヒーリングとかが身につくのでしょうか?
お金をかけるのであればそれなりになりたいじゃありませんか!

そうだ、つい昨日決まったのですが、GWにシンガポールに行ってまいります。
又勉強しなければ。。
HongさんもToanさんもベトナム語タイ語の日常会話ができるなんて素晴らしいです。勿論英語も。
やっぱり頭がよろしいんですね!
Hongさんが趣味の世界になりと遠慮され旅行のトピなのでと言われてましたが、詳しい意見は大切だと思います。
目が見ればなんとなく覚えれるじゃないですか!
そうすればもし次にベトナムに行った時に『あー見たことのある名前だ』と思うだけでも嬉しいことです。
ですので、Hongさんのお話は楽しいですよ!
Toanさんのお話は身につまされました…
本当に私は勉強が足りません。
ベトナム語の難しさはガイドの女の子があいた時間に教えてくれてイントネーション、上がり下がり、何はともあれ強く発音する。
私はかなり声が大きい方みたいですが、それでもベトナムではもっと大きな声で!と言われました。
同じアジアでもこんなに行く所の言語が違うと、頭の悪い私なんかはジェスチャーオンリーです。。
英語を覚えるのに良い方法、しかも頭悪い人向けでお願いします!!なんちゃって。
ちなみに私の父は、『川中美幸』が好きなそうです。演歌ですが。
関係ないとりとめもない話になりましたが、それでは又!


 063 投稿者:  投稿日時:2005/03/20 13:18

 Toanです。さっき11時前に福岡沖を震源にした大きな地震がありました。小生のところも震度4で大きく長い間揺れました。
 今年は北も南も自然災害に見舞われていますね。
 
 最初にバンコクに駐在した1982年にカンチャナブリ方面を震源にした地震がありました。感じでは震度3くらいだったと思います。
 タイでは地震がないと言う人もいますが、北部のチェンマイとチェンライの間には熱湯と熱泥が噴出している別府温泉の『地獄』のようになっている温泉がありますし、環太平洋地震帯に当たるかどうかは別として地震がないとは言えないと思っていました。

 ベトナムは明らかに環太平洋地震帯に入っていてホーチミン東部のブンタオ北部にはれっきとした温泉をベースにしたリゾートができています。

 地震の話はそのくらいにして、小生のベトナム語は話せると言うレベルではなく、ごくわずかにベトナム語を知っている程度です。タイ語は勉強しましたが、ベトナム語はただ数字、その他の簡単な言葉を覚えたに過ぎません。
 英語は仕事の手段の一つですからしゃべらない訳にはいきませんが、とにかく外国語は何かのきっかけが無いと勉強する気にならないのも事実ですね。

 世界中で日本人が一番英語が話せないのではないでしょうか。
それほど日本人は恵まれていると考えるべきでしょう。
 韓国人、台湾人の友人がいますが、そのことを話しますと彼らを含めた東南アジアの人たちは決まって言うには、日本人は国内で日本語だけで仕事、商売ができるが、彼らは、商売でも英語が話せなかったら日常の仕事に差し支えると。すなわち商売、仕事のパートナーが外国人ということなのです。
 自国の国語だけで定年まで、死ぬまで商売ができることは幸せなことでしょうね。ただ、近年は中小を問わず企業は少なからず外国との係わりを持っていますので経営者、また外国企業とのJVなどとの先兵となる従業員は英語は必須の条件になりますね。
 英語を会社の経費で勉強するのではなく英語がある程度話せるのは当たり前。その他の外国語を勉強する時のみ会社の支援が受けられると言う企業が増えてきています。

 あまり神経質にならず、気負わないで地道に勉強しましょう。


 064 投稿者: ka0706zu 投稿日時:2005/03/30 17:11
はじめまして。
4月4日初めてハノイに行きます。中心から15分ほど離れていて夜は9時くらいには暗くなると聞きましたが、一応女子なのでタクシーを使って帰るのが一番ですかね。
朝早く旧市街地に絵を描きに行きたいのです。そしてほとんどハノイ以内をぶらぶらしたいので何かいい情報があったら教えてください。

 065 投稿者: Hong 投稿日時:2005/04/02 18:56
ハノイだったら一度レストランのCha Ca La Vuong(14 Cha Ca St)で食事をしたらどうでしょう?(どうも私は食べる方ばかり気になります?) ところで、どんな絵を描かれるのですか?レーニン公園とかWest Lakeあたりも落ち着いて良いですよ。

 066 投稿者: ka0706zu 投稿日時:2005/04/04 00:13
Hongさんありがとう。
食べる事大好きですから…。
中国的雰囲気が残っている旧市街地などかいてみたいのですが。
アジア大好きで、バリにはナンドもスケッチに言っているのですが、ベトナムは初めてでどんなたびになるのか楽しみです。明日のJALで行ってきます。帰ったら又書き込みに参加しますね。

 067 投稿者: GOGOMARY 投稿日時:2005/04/06 20:05
はじめて書き込みします。
5月始めに初めてベトナム(ホーチミン)へ3泊4日で行きます。
5月は雨季と聞きますが…行ってずっと雨だったらショックだな縲彌r
5月に行ったことある方いましたら、どんなだったか教えてください!

あと、ここは行くべし!(雑貨・レストラン)
ポイントを伝授してください縲怐I!


 068 投稿者:  投稿日時:2005/04/07 11:47

 Toanです。
 GOGOMARYさん、ホーチミンの雨季と言っても、日本の梅雨のようではありません。1日に1回程度(時には2回も)30分とか短時間、雨と言うより豪雨が降ります。
 雨の前触れがはっきりしていて簡単に予測できますので余り問題はありませんが、生暖かい風が吹きだすと、そのうちあたりは真っ暗、風がひどくなってくると雷といっしょに大粒の雨が襲ってきます。豪雨ですから傘を差してはとても歩けません。びっしゃになるのが覚悟なら問題ありませんが。
 徒歩で移動途中だったりしたら30分くらいは足止めを食います。
ベトナム人もみんな雨宿りをしています。
 駐在者にとって、雨季での憂鬱は停電です。
豪雨で屋外電気設備の絶縁が悪くなったり、落雷があったりして停電するのですが、雨季には毎日のことですからいやになってきます。特に豪雨の最中は、衛星放送のNHKテレビが写らなくなったり、折角、NHKニュースとかプロ野球の土曜ナイターを観ていたら突然受信不良。大概、番組が終わる頃に受信復帰と相成る始末。
 それでも、私の住んでいたアパートは、大きな発電機が設置してありましたので停電と同時に起動されて停電の憂き目にあったことは余りありませんでしたが、アパートの周囲は住宅地が多かったこともあって何時間も停電していたこともしばしばでした。
 
 近年、タイも同じですが、雨季でもたまに、日本の梅雨時期のように朝からしとしとと1日中、雨が降ることもあります。そのような場合は傘が威力を発揮するでしょう。
 しかし、ホーチミンの場合はバンコクと違って雨季の大雨でも、一部の低地を除けば、観光客が行き来するような所は洪水になると言うようなことはありません。
 むしろ一番気温の高い時期から雨季に入りますので、長期に滞在すると雨季がくれば雲が出てきますから太陽の直射日光を遮ってくれるため幾分すごしやすくなってきます。
 ただ、雨上がりに太陽が出てて気温が上がりますので、路上に降った雨が一斉に地面から蒸発してきて強烈に蒸し暑く感じるようになります。その点では長期滞在者と旅行者とでは感じ方が随分違うかもしれません。旅行者には雨上がりの蒸し暑さが過酷かも。

 レストランについては、ベテランのHongさん共々、このサイトで投稿していますので参考にしてください。またガイドブックにも随分と適当な所が紹介されています。旅行者が行ける所は限られていますし、ここがいいと言っても町外れだったり、込み入った町中の現地の人達が行くような所を紹介されても実際には、たどり着けないものです。
 とりあえず、前の投稿を見られた方がいいと思います。

 雑貨あたりもガイドブックを持っていかれるのであれば沢山載っているでしょう。どこに行っても余り違わないと思いますが、私の家内あたりは、グエンフエ通りの突き当たりにあるREXホテルの裏側辺りに位置するパスター通りの『雑貨』にいつも行っていました。日本人が経営していて日本語が通じ、品質は保証されると思います。パスター通りのその『雑貨』が老舗とか。それ以外の『雑貨』と看板がかかっているのは名前だけいただいた偽者とも言っていましたが。べっ甲細工の専門店もその近くにあります。中国人経営です。そこも家内のご用達でしたが。
 ドンコイ辺りにも沢山ありますが、値段交渉が必要な所と最近は『Fix Price』と言って交渉不可能な所も増えてきました。ドル支払いの高級店が中心ですが。

 Hongさんももっと親切に書き込みされるかもしれませんが、気を付けていってらっしゃい。

  

 

 069 投稿者: Toan 投稿日時:2005/04/07 11:49

 また、投稿者名が入りませんでした。

 070 投稿者: Toan 投稿日時:2005/04/07 11:50

2回目は必ず投稿者名が入りますね。私だけでしょうか??

 071 投稿者: GOGOMARY 投稿日時:2005/04/08 23:08
Toanさん、ご親切なコメントありがとうございます!
早速ガイドブックを購入し通勤時に読んでます。
雨季についてもイメージわいてきました。
天気だけはどうしようもないので、
運に任せます(^^;
そして、降ってきたらひとまず待機し、豪雨を見守ります。

買い物等も、過去の投稿見てみます!
ほとんど見ずに 勢いで投稿してしまって すみませんでした・・・

でも、うれしかったです☆
ありがとうございました!

あ縲怺yしみ♪



 072 投稿者: ka0706zu 投稿日時:2005/04/11 17:02
9日ハノイから帰ってきました。6日間のたびでお天気もまあまあ。しかしハノイの中心街はバイクの洪水で空気悪すぎ。カトマンズの空気も凄かったけど、ハノイはそれいじょうかな。ホテルが中心から4キロぐらいあって、それを歩こうなんて思ったのが大間違い。歩道はバイクの駐車と人々のリビングに化し、車道を歩くと車とバイクに挟まれながら、横断するのは急流に飛び込むよう。しかし2日もすると慣れてくるのですね。個人旅行なので郊外の街にもタクシーを使い、大きなトラブルもなく帰ってきました。食事はフレンチ風ベトナム料理、中華風、屋台のフォーガーどれもこれもはずれは無かった。喘息になった事いがいは…
中華街でのスケッチは出来ず、バチャンで半日描いてきました。


 073 投稿者: Hong 投稿日時:2005/04/30 22:03
Toanさま、皆様こんばんは! この連休は、静かに日本で過ごす予定ですが、5月16日頃から、ベトナム、タイ、インドネシアあたりへ出張します。Saigonはもうかなり暑いでしょうね。仕事とはいえ、楽しみです。

 074 投稿者: Toan 投稿日時:2005/05/09 10:59

 Toanです。
 Hongさん、皆様、こんにちは、お久しぶりです。

 先月、タイのソンクラーン(タイ正月で水かけ祭りとも言います)にかけて8日間タイに行ってきました。久しぶりとも言えませんが、いつものとおり暑い暑いバンコクでしたが、ソンクラーンのため午前中から何度もシャツを着替えなければびしょぬれです。

 3日間ほどパタヤに滞在しましたが、バンコクより数段、水の掛け方が派手で大変でした。
 ピックアップトラックに大きなドラム缶を2,3個積んで走りながら二台の上から行き交うバイク、バス、人に見境なくぶっ掛けあっているのですから、壁の無いソンテウ(ピックアップの乗合自動車)に載っている者にはたまりません。

 私も、バンコクのエカマイのバスストップからパタヤまでバスで行ったのですが、パタヤに着いてソンテウに乗り換えてホテルまでの道すがら、例外なく対向車の荷台に乗り込んでいた輩に頭から水をぶっ掛けられて、ホテルのチェックイン時にはびっしゃのまま。レセプションは気にも留めないで手続きです。携帯電話だけはビニールに包んでいましたから大丈夫ですが、パスポートなんかは少し湿っていました。
 
 長いこと、バンコクに駐在していましたのでソンクラーンには慣れてはいましたが、久々に怒り心頭でした。

 バンコクは4月も含め、真夏の真っ只中です。37℃くらいありましたので舗装した街中の気温は50℃近いと考えれば間違いないでしょうが、田舎は舗装とビルが少ない分少しはいいでしょう。それでもパタヤも暑かったです。
 ベトナムも含め熱帯東南アジには、真っ赤な火炎樹が咲き誇り、まさに真夏です。
 後任者が先日電話してきてサイゴンも相当に暑いと言っていましたから、Hongさんも熱射病にはくれぐれも気を付けて行ってらっしゃい。
 

 075 投稿者: Hong 投稿日時:2005/05/30 00:30
Toan様、皆さん、御無沙汰しております。昨日東南アジアより帰ってきました。ベトナム、タイ、インドネシアを廻りましたが、暑さより、気分的な楽しさ?が上回り、良い出張となりました。久しぶりにハロン湾へも足をのばしました。最近は道路も良くなって、ハノイのホテルから片道3時間ほどで、なんだかホーチミン市からブンタオへ行くくらいの感じでした。ハロン湾の対岸(といっても本当は陸続きですが)をつなぐ日本のODAで建設中の橋も橋脚がだいぶ出来ていました。完成したらかなり便利になりますね。対岸に重要な役所(観光局、漁業局も対岸地区にあります)がたくさんあるのは、地元の人も不便でしたので。
それと、ハロン湾の街の方は、地元資本の新しいホテルがたくさん出来て、もう把握できなくなりました。
ホーチミン市では、行ったことが無かった、Nam Phanレストランで食事をしました。雰囲気は良いのですが、ちょっと値段が高いような気がします(khaisilkの経営ですからね)。コース料理のトップに出ているメニューが、1人分US50ドルとはかなりです。

 076 投稿者:  投稿日時:2005/05/30 10:19

 Toanです。
 Hongさんお帰りなさい。 随分、広範囲にお回りになったのですね。

 私も6月14日から21日までベトナムに行ってきます。
今回は、ホーチミン駐在時に行けなかった、アンコールワットにも3日日間だけ足を伸ばします。

 もう、雨季に入っていると思うので暑さはさほどではないのでは。
でも、日本に住んでいてホーチミン、バンコクに出かけると暑さを感じるのも事実ですね。この前、寄稿しましたが、先月、ソンクラーンの4月にバンコクに行きましたが、もう暑いというよりは日差しが顔に突き刺さるような感じでした。
 雨は雨で、雷がなって大嵐になるのですから大変です。雨が降れば、衛星テレビのNHKは写らなくなるし、停電となるし、やはり日本という国のすばらしさは東南アジアに住んでみて初めて実感できるものです。

 それはそうと、昔、クチのトンネルに行った際に、付近でやたらと虫に刺されましたが、アンコールワットの方はどうでしょうか。訪問された方がいらっしゃれば教えてください。

 ハロン湾への道路も良くなったとのことですが、私が駐在時に友人の奥さんが、一人でハノイのホテルで参加した現地ツアーで、ハロン湾からツアーのミニバスでハノイに帰る際に、ミニバスが交通事故を起こして重症を負いました。命は取り留めましたが、国籍はわからないものの、同じツアー客が3人亡くなりました。
 当時、ベトナム現地紙の記事を日本語に翻訳してインターネット配信するサービスを受けていましたが、結局、新聞記事としてクローズアップされなかったのかどうかわかりませんが、翻訳記事としてインターネット配信されませんでした。

 その道は、聞きしに勝る難コースだったとか。でも道路の整備はあちこちで行われており、いずれはタイのように整備されていくのでしょう。ODA頼みでしょうが。
 
 Nam Phanレストランはどのへんにあるのでしょうか。
 名前は忘れましたが、クリントン元アメリカ大統領が行かれたとか、そこのご用達のコックだったとか言う同じような名前??のレストランがありましたが、そこも高かったような気がします。確か、コースで一人70$位払ったと記憶しています。
 とにかく、何事に付けてもピンきりのホーチミンですから、さもありなんですね。
 



 077 投稿者: Hong 投稿日時:2005/05/31 02:07
Toanさん、御無沙汰しております。良い道路は皆飛ばすので危ないですね。私の駐在中もハノイの空港から市内へ行く途中、ベトナム航空の従業員のミニバスが正面衝突して数名のベトナム航空スチュワーデスが亡くなる事故がありました。そのバスに乗っていたスチュワーデスの1人と親しかったので色々と話は聞きました。その女性は少し顔にけがをして入院してましたが、その後復帰してました。今もベトナム航空には籍は置いてますが、結婚して休職、子供が出来たとか。(ちょっと脱線で失礼しました)
クリントン大統領が食事をしたレストランはPho Xuaとフォーのチェーン店Pho2000しか知りません。Nam PhanはHai Ba TrungとLe Tan Tonの交差する角にあります。西北側の角です。実は今回頑張ってその50ドルコースを食べたのですが、初めのフカヒレとアワビのスープはなかなか美味しかったです。ちょっと日本では贅沢で出来ないので。

 078 投稿者:  投稿日時:2005/05/31 10:47
 Toanです。
 Hongさん、クリントン大統領が食事をしたレストランは、Pho Xuaでした。床がガラス張りでその下が池になっていて魚が泳いでいました。

 Nam Phanは、Hai Ba TrungとLe Tan Tonの交差てんですか。どちらかの角にインド料理のアリババがなかったですか。場所が違ったかな?? 今度、友人の懐を当てにして行ってみましょう。

 ベトナムでの交通事故は悲惨ですね。ほとんどが交通法規を守らないのが原因でしょうが、たまにはブレーキ不良等、車両の整備不良があるとたまったものではありません。
 小生の車も運転手が頻繁に点検に出していましたので、また運転手のサボタージュではないか、検査料のバックリベートではないかと疑ったこともありますが、その都度、検査書を見せたり、タイヤを1年ごとに更新していましたから、バックリベートは忘れることにして、安全を買っているのだと思い直したこともあります。

 とにかく、50CC以下のバイクは免許が不要と言うのですから交通法規も何のその。自転車のつもりですし、街中の大半は無免許と言うか不免許?ではないかと疑われます。
 私のベトナム人の友人も家にバイクが2台有り、1台は125CC?ですがもう1台は50CCでした。なぜかというと、子供が3人(大学生、中学生、幼児)いるからと。わかりますか??幼児は別として子供2人が少し遠くに行く時には自転車替わりに乗るためです。交通法規も教えずにです。

 またバイクの事故は何時も死がついて回ります。ヘルメットをかぶらないから。幹線道路では着用義務が生じてきましたが、一昨年は普通の一般道路ではまだまだ普及していませんでした。
 
 それに比べ、バンコクの場合は、法改正でヘルメット着用が決められた時は、1ヶ月以内にバンコクの主要道路でヘルメット着用が一気に普及しました。違反者に500バーツの罰金を科したのでした。当時のバンコクの最低賃金は75バーツだっと記憶していますから、500バーツは大金でした。
 なぜ、急に、しかも一気にそのように法規を遵守するようになったかと言うと、上記高額の罰金の理由のほかに、ヘルメットを扱っている人が上院議員の中にいて商売のために、その筋に手を回してヘルメットの普及を推進させたと言うタイ人もいて、やっかみめいた噂もありましたが、とにかく早くヘルメット着用が定着したのは事実です。

 ベトナムの場合は、ヘルメットを着用させると安心して余計にスピードアップに繋がるかも???

 079 投稿者: komarin 投稿日時:2005/06/01 00:30
ハノイの停電について。

突然の書き込み失礼します。
私は6月30縲7月6まで、ハノイ、ホーチミンと旅行に出掛ける予定にしています。
しかし、旅行会社から「今ハノイでは乾季で停電が起こることがあります。ホテルは自家発電のところを手配しますが・・・。」と連絡を頂きました。
停電したら、夜は出歩いたりできないのでしょうか??
エステとかもできないのでしょうか?

この時期のハノイの様子を教えていただけたらありがたいのですが。。。。
ハノイでは、ハロン湾クルーズの他に自由日一日。
ホーチミンでは自由日2日考えています。

初めての書き込みで質問ばかりしてごめんなさい。
ベトナム旅行が決まってからこちらのサイトにて、
イメージを膨らませてワクワクしています。
どうかよろしくおねがいします!


 080 投稿者: Hong 投稿日時:2005/06/01 07:56
komarinさん、先週も私自身ハノイにおりましたが、確かに最近電力不足による計画停電は多いです。但し、大手ホテルは自家発電装置を持っているので1分くらいで切り替わり、支障はありません。エステなんかも時間によっては問題ないと思います(工場の稼働が減る夕方とか)。ホーチミン市の方は停電があまり無いので、エステはホーチミン市でしたほうが良いかも知れませんね。出歩いたりするのも大丈夫でしょう。ハノイは結構夜はさびしいです。

 081 投稿者:  投稿日時:2005/06/01 11:09

Toanです。

 komarinさん、今は雨季ではないのですか。乾季はもう終わったでしょう。ホーチミンは雨季に入ったばかりですが。それとも、ハノイ出身の小生宅のお手伝いさんがハノイは四季があると言っていましたので、ホーチミンとは雨季の期間が違うのでしょうか。でも乾季には雨は降りませんよね。停電は雨の影響ではないのかも???

 小生はハノイには行ったことはありませんが、ホーチミンでは5月中旬からの雨季になると、皆さんもよく知っていらっしゃるように、ほとんど毎日にほぼ同じ時間帯に嵐のような雨が降ります。
 大きな真っ黒な雲が出てきて強い風が吹き出し、廻りの木々が騒がしくなると、大粒の雨がぽつりぽつり。そのうちにざーと大雨が降り出します。同時に雷がとどろき、落雷も伴います。そして街中が一斉に停電となることがしょっちゅうでした。

 でも、Hongさんが言われる通り、大きなホテル、マンションはそれぞれ、ディーゼルエンジン式の自家用発電機が備わっており、瞬時に切り替わるので、日本の一般家庭で経験する瞬停(電気技師の専門用語でまばたきをする間という意味です)のようなもので、まったく問題はありません。おそらくHongさんが言っておられるのでハノイも状況は同じでしょう。
 ただ、停電になったら、ホーチミンのようにネオン,街灯があるような大きな市でも、一般的には自家発が全部備わっているわけではありませんから、街中の一画は真っ暗になります。
 周囲の街が停電になったら(自分のアパートは自家発で影響ありませんが)、小生は9階に住んでいましたから、自分の部屋の窓から街を見下ろすと、所々、自家発のある個所は明るいのですが、その他は真っ暗です。次第に蝋燭、カンテラランプ等が灯されてぼやっと明るくなります。自分の部屋はと言うと、NHKの衛星放送が中断します。

 何時だったか、散髪に行っていて停電です。理容師のおばさん方は慌てることもなく蝋燭を出して散髪続行です。
 行きつけのほとんどの日本レストランでも一昨年までは自家発はありませんでしたから、夕方停電になりそうな日は、外出しませんでした。
 雨季になると、ほぼ毎日に嵐のような雨が周期的に来ますから、前日には雨が降る時間帯が予想できます。雨が降ったら停電の確率は高いものの、いつも停電になるわけでもありませんから、生活にリズムがついて面白いものです。

Previous page 1 | 2 | 3 | Next page  (2/3)

このトピックに返信

HOTNAM!トップ > ベトナムフォーラム > ベトナム旅行について 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.