HOTNAM!ベトナム最新情報 ベトナムフォーラム HOTNAM!トップ | ベトナムフォーラムトップ  

トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー
こんにちは、ゲストさん このトピックに返信↓
HOTNAM!トップ > ベトナムフォーラム一覧 > ベスパのことで困っている方へ

ベスパのことで困っている方へ

 001 投稿者:のんびり 投稿日時:2008/07/08 15:22
次のような方いらっしゃいませんか?
*家にベスパがあって乗りたいのだが、故障したまま放置してある。
*いつも行くベスパ修理の店で、修理代がどうも高い。外国人なのでボラれているのでは?
*Ly Thai To 通りや Le Thi Rieng 通りのショップできれいなベスパを買ったのだが、故障ばかりしている。
*ベスパを買いたい。(50CC、150CC)
*手持ちのベスパをフルレストアしたい。
*手持ちのベスパを全塗装したい。
*ベスパを借りたい(長期・短期)
上記以外でも、ベスパに関することはご相談ください。

連絡先:こちらまでメールをお願いします。(もちろん日本語で) Hiep.Vespa@gmail.com

 002 投稿者: nakynaky 投稿日時:2008/01/11 17:52
のんびり様

まさかベトナムでベスパの修理屋さんをしているのですか!?
それはベトナム起業を目指す人たちにエールになりますね。
バイク天国のベトナムで儲かるのでしょうか?
ベトナム人もしたたかそうですから。
ベトナム在住日本人相手だけの商売はたかが知れていそうです。
むしろ現地のベトナムの方に喜んでもらえるような
バイクサービスの商売はできないでしょうか?
例えば? 分かりません(ごめん)
いやいっそのことバイク配送便のサービスに商売替えは?
人を雇って企業機密の封書などを配達するとか。

それにしてもベトナム起業の手本が
ここHOTNAMで触れることができるとは!!
感謝です。


 003 投稿者: のんびり 投稿日時:2008/01/12 10:28
nakynaky 様

私が修理屋ではなく、妻(ベトナム人)の父・祖父・叔父などが市内の数箇所でベスパ専門の修理業を営んでいます。 先日、友人から、ベスパ修理時にボラれた人の話を聞き、投稿しました。私自身ベスパを足にしているので、困っているベスパ乗りの手助けがしたいと思いました。 

バイク配送便であれば、既に先駆者がおられます。
http://www2m.biglobe.ne.jp/~saigon/tcthaobike.htm



 004 投稿者: nakynaky 投稿日時:2008/01/12 16:19
のんびり様

ベトナムの奥様をお持ちということは
国際結婚ということですね。
僕は今独身で(安月給では恋人もできない、“泣”)
ベトナム女性と知り合いになりたいなどと
思ってしまうくらい結婚願望があります。
髪の毛も薄くなってきそうで…(泣)

さておきまして
バイク修理屋さんと勝手に判断してしまい
申し訳ありません。
どこにでもボル人はいるものですね。
そんな中で真心こもった誠意ある商売を
コツコツしている人には、
必ず脚光を浴びる時がくると信じます。
(日本でもそうだったから)
のんびりさん一家にも
必ず商売繁盛する時が来ます。
バイクがない社会も考えづらいし、
きっと注目ショップに推薦されます。
その時まで、今のままで…



 005 投稿者: のんびり 投稿日時:2008/01/12 23:10
nakynaky 様
励ましのお言葉ありがとうございます。

 006 投稿者: bikkuri 投稿日時:2008/02/05 11:21
nakynaky 様

はじめまして!

私、ベトナムの女性なんですが、このサイトも参加しようかなと

思って、いいかな?

ベトナムに行ったことがありますか?なんか、ベトナムのことが

よく知っているんでしょうね





 007 投稿者: nakynaky 投稿日時:2008/02/05 13:12
bikkuri様

僕はベトナムへはまだ行ったことはありません。
今月2月中に行きたいのですが、
なかなかチケットが取れません。
人気があるみたいですね。

あとベトナムについては
このHOTNAMなどで勉強中です。

ベトナムのことを知っている人は
ここに参加する人の中にたくさんいます。
僕なんて本をかじった程度です。
まだまだ未熟です。

bikkuriさんもこのコラムに参加して下さい。
無料ですし、
日本人ばかりではつまらないですから。

でもメール文は誤解を受けやすいので、
文章は慎重し過ぎて越したことはありませんよ。

日本での疑問も質問して下さい。
参加者が答えてくれますから。

 008 投稿者: Cambridge 投稿日時:2008/02/06 18:20
はじめまして Cambridgeと申します。
ベトナムと言っても料理を頂くくらいで、殆ど知らない状態のCamですが、ベトナムへのビジネスチャンスを作りたいと考えております。
私はオイル(車、バイク、金属加工など)を扱っております。今、知りたい事は「ベトナムの方々は車やバイクのオイル交換を日本人のようにマメにしているのか?」です。
もし、YESであればビジネスチャンスを作れますが、NOであれば違う方法でビジネスを考えなければなりません。

又、値段は高いのでしょうか?Made in Japanは好まれるのか?BP、TOTALのようなメジャーは好まれるのか?

かなり勝手な投げかけで恐縮ですが、ご存知の方ご教示下さい。

 009 投稿者: nakynaky 投稿日時:2008/02/06 19:47
Cambridge様

オイルは絶対必要な物のはずです。
どこでも発展する国は日本などと同じように
車社会となっていくはずです。
ベトナムはバイクの洪水ですが、
車も増えていくはずです。
バイクにも車にも通用するオイルを売るのでしたら
チャンスはあると思うのですが。
しかしオイル一筋ですと心もとない感じがします。
いっそバイクやカー用品の販売専門店をされてはいかがですか?
アクセサリはたくさんあるはずですから、
オイルがダメでも他品があるというのでしたら
経営が安定的ではないでしょうか?

ベトナムの方はメイドインジャパンは好きみたいですよ。

 010 投稿者: nakynaky 投稿日時:2008/02/06 20:29
Cambridgeさんは一人でビジネスを?
僕も起業を考えてこのコラムに参加しています。
(revexさんに叱られそうですが)

 僕宛てのメルアド nakynaky1616@yahoo.co.jp


 011 投稿者: nakynaky 投稿日時:2008/02/08 11:26
Cambridge様

車のオイルの販売ビジネスのことですが、
ベトナムにこだわらなければ、
ロシアのハバロフスクの藤田さんに
相談してみるのはいかがでしょうか?
彼はそこで車関係の仕事をしてはいません。

詳しくは「ハイハイQさんQさんデス」
というサイトをご覧になって下さい。

ハバロフスクでは日本の中古車が10倍で売れるそうですよ。
(今から中古車輸出ビジネスは
他の人がすでにやって参入は難しいと思いますが)

ベトナムだけが世界ではありませんので。

 012 投稿者: Cambridge 投稿日時:2008/02/10 13:57
nakynaky様

貴重なアドヴァイスありがとうございました。
その通りで、ベトナムに限らず中国、インドなど車社会に突入を始めた国々では、カーアクセサリー類に非常にお金を掛けているという情報は、昨年より聞いておりました。ただ、カーアクセサリー類の製造はインドネシア、中国、モンゴルなど日本以外が多いので、OEMとは言え後発の私共には、少なからずビハインドでした。現在も模索を続けている状況です。
中古車ビジネス、カーアクセサリービジネス、カーケア用品ビジネスと社内検討をしたいと思います。

ありがとうございました。

Cambridge


 013 投稿者: nakynaky 投稿日時:2008/02/10 22:06
   Cambridge(社長?)様
 文面から御社では“オイル”そのものと、
それを入れる“缶”(金属加工から)を
OEM(相手先ブランドによる供給)
として製造する『メーカー』と判断します。
 昨今の日本の経営環境の悪化により、
ヤマハ販売店などの顧客からの注文が減少し、
それならば自分たちで積極的に売っていこうと
販売業(まだ間もないはず)に進出されている
のではないかと推測します。
(間違っていたら知らせて下さい)

★ 率直に言って今からカーアクセサリなどを
日本で製造するよりは(付加価値をつけて作れます?)
今の工場のモデルをベトナムに持って行って製造し、
(⇒つまり新工場を作るということ)
(ともない日本の工場の機能はだんだん規模を縮小させていく)
そのベトナム新工場を拠点にしてそこから
日本や中国、インド、東南アジアなどに
輸出した方が御社の強みを生かせるのではないか。
・御社の強み…オイル製造のこれまで培ったノウハウがあること
・御社の弱み…オイルしか製造できないこと
★ 工場をベトナムに移すメリット・デメリット
・メリット…安価な労働力、物価、工場維持費
・デメリット…カントリーリスク(ベトナム政治、為替など)

★ 日本は製造工場としては利点を失った!!
・人件費、物価、光熱費、工場維持費の高さ
・優秀な人材が集まらない(少子化)
・バイク利用者の減少(少子化)
・海外からの安価な製品の流入
・競合他社の乱立(競争相手は世界中)など

☆ なぜ今ベトナムか?・・・工業に力を入れ出した国はかつての日本みたいに農業国から先進工業国となり、その過程でビジネスチャンスが増大する。

★ これからはアジアの時代です。日本の枠にとらわれない発想が必要です。僕もそれを考えてこのコラムに参加し、ベトナムでの独立のチャンスをうかがっています。

 

 014 投稿者: Cambridge 投稿日時:2008/02/10 23:52
nakynaky様

こんばんは。弊社の業態は商社です。ただnakynaky様が推察されるような中小企業のオイルメーカーが弊社のお客様にも多数おられます。しかし国内マーケットは環境問題を背景にしたロングドレン(交換スパンの長期化)、車両販売台数減の煽りから需給とも飽和状態です。
弊社はオイル用の添加剤を輸入販売しておりますが、お客様に輸出という選択肢を提案し原料提供から販路までお世話できないか?というのがことの発端です。
どこに対し輸出するか?と考えますと、日本の自動車メーカーの大半が工場を設立・稼働している国はアジアでは中国、タイとベトナム位であろうと思います。その中で自動車社会に傾倒している。であるとか工業団地を国家プロジェクトとして開発し外資企業へ誘致活動を強化している。又、期限付きながらも優遇税制を敷いている。Made in JAPAN に対しある種の保険と感じてもらえる。等などを勘案しますとベトナムであろう。ということで情報収集、検討をしております。
出張先でアジア各国の商社マンと懇談する機会もあり情報交換をいたしますが、ベトナムに拠点を構えるあるいは本社がベトナムにある企業は非常に少ないというのが私の感想です。
nakynaky様のおっしゃる通り、これからはアジアだろうと思います。あのエネルギーは一緒にいるだけでも血液が逆流する程の感動と興奮を覚えます。

今後どのようなアプローチをすべきかは熟考を要しますが、前向きに考えたいと思います。

ありがとうございます。

Cambridge 

 015 投稿者: trinh 投稿日時:2008/02/11 08:58
Cambridge様
こんにちわ。 オイルの添加剤の輸入販売との事ですがベトナムに於いては、普通の人は「オイルの添加剤とは?」の疑問に成ると思います。
普通のベトナム人に於いてはバイクは自分の持っている財産で一番高価な物です。当然大事にしています。オイル交換はよく行います。バイクの洗車場、ガソリンスタンド等でオイルと交換代で二万縲恷l万ドンです。(但しベトナム人の一日分の給与です。)
オイルの添加剤とは何ですか?
オイルメーカー、大企業に対しての販売なら良いでしょうが、個人企業に致しての販売では、その説明からのスタートだと思います。
ベトナム人は、日本製の物は良い物と分っています。(でも高い)
いいだけでは売れないのもベトナムです。

 016 投稿者: nakynaky 投稿日時:2008/02/11 10:57
↑↑↑
いい物でもアピールしないと気付いてもらえない!!
おっしゃる通りです。
日本でもベトナムでも同じなんですね。

Cambridgeさん、オイルの商社として
今後やっていくならば(と考えるならば)
日本のマーケットは縮小の一途。
商社の本社がベトナムに少ないならば今がチャンス!!
(ベトナムでのマーケティングに本腰を入れていないので)

ベトナムも金持ちがどんどん増えていくはず。
ベンツに乗っている人もいるし、
脱税、海外送金など統計では分からない
所得を隠してお金を貯め込んでいる人もいる。
ベトナム人も強かですね。

必ず高級品に目を向けてくれる時が来る!!
費用対効果って言うのですか?
そうゆう頭を持つ人もいる!!

いざ、ベトナムへ!!


 017 投稿者: Cambridge 投稿日時:2008/02/11 23:40
trinh様

こんばんわ 貴重な情報をありがとうございます。
以前、テレビ番組でもベトナム人はHONDA CABに憧れを持っていて
いつかは買いたい。というコメントがありました。
又、ベトナムではバイクの値段が非常に高いのに驚きました。
HONDAで1500万ドン縲2500万ドン(10万円縲17万円)なんですね。
日収が4万ドンと言うことですので、如何に高いかが分かります。
それならバイクに係るお金も結構なものでしょうね。

trinh様 日本のバイク用のオイルは高いと言う事ですが1リッターか4リッターの値段は何ドンほどか、何かの折に見かけられましたらご教示いただけると幸いです。

徐々にですが、ベトナムへのビジネスを具体的に検討して行きたいと思います。

PostScript:オイル添加剤とは:カルピスをイメージしていただけると宜しいかと思います。現液ではとても使えませんが水で割ると、甘さ、喉越しなど美味しいと思うような味になります。
弊社が扱うオイル添加剤も、似ておりましてエンジンやギヤを安全に使用するためには、必要な性能があります。それらの性能は10数種の成分が最適な量を配合されて、初めて効果を発揮します。製造する人によって量がバラバラにならないように要の成分を必要量だけ纏めてパッケージングしたもの。これがオイル添加剤です。

昔は添加剤を10数種それぞれを職人が長年の勘で混ぜていましたので、同じ会社の同じ製品でも職人によって、効果はバラバラでした。(カルピスなら砂糖100g、香料10g、乳化剤1gなどなど)その後、国際規格、各国規格が決められ、成分の上限、下限が制限されるようになり、そこから個別添加剤をパッケージングするようになりました。

弊社が対象にするお客様はこのパッケージングされた添加剤を化石燃料から取れるオイルで希釈し市販されるオイルとして出荷する言わば、オイルメーカーのみです。

走り屋さんが好む”ガソリンに入れると燃費が良くなる”とか”使い古しのオイルにトリートメント添加剤を入れいると新品同様になる”と言われるような添加剤ではありません。


nakynaky様
いつもアドヴァイスありがとうございます。
マーケットは今や、日本パッシングと言われる通りで、世界の注目を集める時代ではありません。海外ビジネスを何とか成功させたいと思います。

尚、本コラムのタイトルからコンセプトを逸脱させるような内容連発でのんびり様、皆様申し訳ありません。

Cambridge 




 018 投稿者: nakynaky 投稿日時:2008/02/12 00:29
エンジンやギアを摩耗しないようにさせる潤滑油が
エンジンオイル(=カルピスの原液)。
この原液を作るのがヤマハなどのメーカー系列子会社。

でもその原液に添加する液体(=水、ミルク、ジュース)を入れてもっと効果的に(おいしく)しようとするのが、
Cambridgeさんの会社もしくは顧客ということですか?

簡単に言うとこうゆうことですか?

 019 投稿者: nakynaky 投稿日時:2008/02/12 00:39
↑↑↑
trinhさん、このオイル添加剤の意味分かる?
僕は理解しづらい(アホで縲怩キ)

★ベトナム人の若者の夢(男性のステータス)は
「バイクの後ろに彼女を乗せてディスコへ行く」
というものらしい。(今はどうか知りませんが)
若者のバイクに賭ける思いは日本人よりも強い!!
そこへ自動車はどこまでくいこめるか楽しみです。

 020 投稿者:  投稿日時:2008/02/12 09:01
Cambridge様
nakynaky様 
オイルの添加剤良く分りません。(ごめんなさい)
でも、顧客がオイルメーカーさんと言う事ですね。
ベトナムに石油化学プラントが有りますか?
ベトナムで市販されているオイルはベトナム製なんですね?
(私は輸入した物に、ベトナム語のラベルを貼っていると思っていました。)
商社さんのようですので、当然調査済みですね!
ベトナムに日本の石油メーカーさんが居られるのではないですか?
クチに行く途中で、ガソリンのスタンドが有ります。
ならば、「当って砕けろ?」でメーカーさんに聞いてみてはどうですか?

HCMには各カーメーカーさんの日本人の方が居られると思います。

nakynaky様
ベトナム女性の殆どの方は、バンクの無い男性は「ちょっと?」
ですね。
別にディスコでなくても、走っている時は二人だけの世界です。
 


 021 投稿者: Cambridge 投稿日時:2008/02/12 11:33
trinh様
nakynaky様

私の説明が下手な為に申し訳ありません。
又日を改めてアップさせていただきます。

ベトナムには今現在は、プラントがありませんが、国営会社「ペトロベトナム」が2010年(だったと思います)にプラントを稼動すると発表しております。しかし何故か原油の採掘はしておりまして、原油は水産物と並び輸出品目の中では大きな比率を占めているそうです。
従いまして、ベトナムではオイルなどの製品は輸入に頼っております。容器の記載は、3つの方法があります。

?版下を提供してもらえれば少なくとも日本ではベトナム語の缶が作れますので、それに詰めて輸出するはずです。

?欧米のメーカーの製品は、特定市場向けの缶は基本的に作らず、英語のみの標記です。従ってその場合はベトナムの商社或いは中間業者がラベルを貼付する事も多いと思います。

?タンカーでオイルを輸入し、どこかの工場で缶に小分けし販売する事もあります。その場合は印刷された缶、ラベルを貼った缶
の両方のケースが有ります。

日本の石油メーカーも一部進出しています。なぜなら自動車メーカーが現地で合弁企業を立ち上げておりますので、それら企業へ供給できるようにという目的です。

この際、現地に聞くのが手っ取り早いのでしょうね。

ありがとうございました。

※ベトナム人カップルにとっては、バイクが重要なツールなのですね。

Cambridge

 022 投稿者: nakynaky 投稿日時:2008/04/15 23:50
のんびり様
バイクの件で
メールを送りました。
お読みくださいませ。
ベトナムではバイクがないと
困りますね。
外国人と分かると
ぼったくるから
安心して乗れません。

 023 投稿者: sdsdasd 投稿日時:2008/06/26 12:01
海外旅行用海外専用SIMロック無しのGSM携帯電話です
世界中で使用可能な携帯電話を激安販売中!!
SoftBankのUSIMカード、AUのICカード、DOCOMOのFOMAカード、
海外現地のコンビニなどで購入できる
プリペイド型SIMカードを挿して使用できます.
もちろんポストペイド型SIMカードでも使用可能です
Bluetooth Headset も取り扱っています。
http://www.siamgsm.com/tkxcgi/shop/shop_index.cgi
にて販売中ですのでぜひ一度ご覧ください:,
NOKIA N80,N91,N93,N93i,N71,N76,N73,N78,N81,N81 8GB ,N82,
N95,N95 8GB ,E51,E60,E61,E70,N95,E65,E61i,E90 
SonyEricsson P1i,K530i,K850i,W660i,W610i,K770i,W910i,W960i,W890i等日本語化可能です。
Motorola V8,V9,Q8,LG KU990,KE850 PRADA,KS20,SAMSUNG P520 ARMANIなども日本語化可能です。 HTC製製品もすべて日本語化可能です。
iPhone(SIMロック解除済、日本語可能)8GB,16GBもあります。.
HPにない機種もお取り寄せ可能ですのでお気軽にお問い合わせください。


SIAM GSM

1 |  (1/1)

このトピックに返信

HOTNAM!トップ > ベトナムフォーラム > ベスパのことで困っている方へ 
トップ ニュース フォーラム 基礎データ 書店 生活情報 ディレクトリー

広告掲載 - お問い合せ - 利用規約 - プライバシーポリシー
©1999-2019 HOTNAM! All rights reserved.